インタビューほか

胃袋は思い出で出来ている!――西加奈子×竹花いち子

『ごはんぐるり』 (西加奈子 著)

食べ物の話をしだしたら止まらない? 西さんが「とても素敵な方で、お料理も大好き」と絶賛する料理人・竹花いち子さんの自宅を訪問。「ごはん」をこよなく愛する二人が、料理を作ること・食べることについて語り合いました。

東京チャーハン(1人前)

〈材料〉
・生姜みじん切り…小さじ1
・にんにくみじん切り…小さじ1
・ピーマンみじん切り…小1個分
・ちりめんじゃこ…大さじ山盛り1
・ごはん…お茶碗1杯分
・たらこ(ほぐした身)…大さじ1くらい
・木綿豆腐(固めがよい)…1/3~1/4丁
・かつお出汁…1/2カップくらい
・紅生姜みじん切り…大さじ1
・オリーブオイル
・ごま油
・塩・胡椒・醤油・酒
・削り節…適宜
・青ねぎの小口切り…適宜

(1)中華鍋を熱してオリーブオイルを。にんにく、生姜、ピーマン、ちりめんじゃこの順に手早く炒めて香りが出たら、ごはんを入れて軽く押したり切ったりしながら、ほぐれるように炒めます。

(2)たらこと豆腐、塩、鍋はだからごま油(豆腐の焦げつきをふせぎます)を入れ、さらにバラバラに炒めていきます。

(3)鍋はだからかつお出汁を注ぎ、さらに酒、醤油、紅生姜、胡椒を入れて、出来れば鍋をあおりながら出汁とごはんをしっとりとなじませるように、焼きつけるように仕上げていきます。あ、始終強火です。

(4)いい感じに汁気が飛んだら、味をみて出来上がり。器に盛って削り節を躍らせて、青ねぎを散らして食卓へ。

*竹花さんのHP〈お料理ちゃん〉「思い出のタケハーナ」で、レシピを見ることができます。

出典:文庫版特別対談

ごはんぐるり
西加奈子・著

定価:本体560円+税 発売日:2016年02月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(前編)(2015.10.02)
インタビューほか【西加奈子×光浦靖子】大人の悪口スキルを高める(後編)(2015.10.03)
書評かつて子供だった大人たちが 忘れてはならない大事なこと(2013.10.29)
書評『円卓』解説(2013.10.10)
書評「言葉」がテーマであり主役の小説(2011.02.20)
書評皿からはみ出した「かけがえのないもの」(2015.08.07)
インタビューほかいつもは適当自炊にワクワク外食。たまに買い食い、旅ごはんも大好き!(2014.12.10)