インタビューほか

豪華列車「ななつ星」に
あの十津川警部も驚いた!?

「本の話」編集部

『「ななつ星」極秘作戦』 (西村京太郎 著)

誰もが知る十津川警部の誕生から40年。その作者である西村京太郎さんは、いまでは廃線となったブルートレインや知る人ぞ知る地方列車まで、ありとあらゆる鉄道に乗車して取材を重ねてきた。しかし、そんな西村さんにとっても、九州を走る豪華クルーズトレイン「ななつ星」は初体験。果たしてどんな新発見があったのか――。

――優雅な旅のようですが、小説の中では列車の先頭のラウンジカーで行われる話し合いが、物語の核となっています。

 今年は戦後70年ですから、第二次世界大戦に何か関係のある作品を書くことは、ずっと以前から決めていました。僕は陸軍幼年学校にいましたから、戦争が終わってからも「偕行」なんて雑誌が送られてきて、戦争を様々な角度から振り返った記事や手記を読んできたし、実際に戦争を体験した人が少なくなっている現代だからこそ、書きたいことがいっぱいあるんです。

 日中戦争終盤の蒋介石による和平工作とその失敗について、さらにそこに参謀本部の動きなども絡めて、あえて豪華列車の中という舞台で関係者に話をさせた理由は、「ななつ星」というのは、現代の日本の平和の象徴だと思うんです。これがゆとりのない場所での話し合いだと、関係は余計にぎすぎすするだけで、あんまり建設的ではないのかと……。

華麗な車両は海外のお客様からの問い合わせも多い。

――しかし様々な妨害工作が入り、十津川警部と乗客たちは生命の危機にさらされてしまいます。ここから脱出へ向けたラストまでは、車内での取材が活きているわけですね。

「ななつ星」での唯一の不満は、テレビがないことでね(笑)。だから窓の外を見ながら――まあ、ベッドに寝転びながらも車外が見られる大きな窓はいいものなんだけれど、風景を見ながらずっと小説のことを考えていて、福岡で降りる頃には、今回の作品は頭の中ですでに書き終えていました。

 ヒントは非常口にあります。これはいつも取材のときには必ずチェックするんですが、たとえば新幹線の0系では1車両毎に真ん中に必ず1つあったんですよ。一度も使われずに、最近の新幹線の非常口は連結口へと移ってしまいましたけれど、そんなのもトリックに使える重要な要素です。「ななつ星」の非常口は、デザインまで何だかお洒落でね(笑)。どのように十津川警部がそれを使うのか、ぜひ本書をお読みください。

「ななつ星」極秘作戦
西村京太郎・著

定価:本体820円+税 発売日:2015年04月08日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
特設サイト文藝春秋のミステリー ラインアップ2014(2014.12.16)
書評新しい日台関係を描いた小説の誕生(2013.03.08)
インタビューほか温かく、のんびりして、憎めない恋愛小説と80年代の青春物語(2012.11.20)
書評清張さんの「知的好奇心」(2005.03.20)
インタビューほか昭和天皇の決定版評伝(2014.05.10)