2015.10.21 書評

「反日、反日、反日……」
それでも韓国ほど面白い国はない

文: 黒田 勝弘 (産経新聞ソウル駐在客員論説委員)

『決定版 どうしても“日本離れ”できない韓国』 (黒田勝弘 著)

『決定版どうしても“日本離れ”できない韓国』 (黒田勝弘 著)

 韓国での記者生活が今年で通算32年になる。人生の半分近く、記者生活の6割以上を韓国で過ごしたことになる。人は「何が面白くてそんなに長く……」という。日本では近年、反韓・嫌韓感情が強いから「あんな国によくいられますねえ」ともいわれる。日本で「韓国にいる」というと以前は「大変ですねえ」といわれたのが、その後、韓流ブームで「いいですねえ」に変わったのだが、今また「大変ですねえ」といわれるようになった。

 韓国に長くいられるのは、とにかく面白いからだ。飽きたら引き揚げようと思っているが、なかなか飽きない。記者という視点でいえば、とにかく面白いネタが多い。毎日が刺激的で「これはネタになる!」という毎日なのだ。

 その大きな背景はやはり韓国と日本の関係の深さである。日本人にとって韓国は世界でいちばん「日本」を意識させられる外国だからだ。韓国のメディアなど良きにつけ悪しきにつけ毎日、「日本、日本、日本」なのだ。新著『決定版 どうしても“日本離れ”できない韓国』にも書いたのだが「まだ日韓併合が続いているみたい」な日常が韓国にはある。

伊藤博文(左)を狙撃する安重根(右)。中国ハルビンに建設された「安重根記念館」にて。

 韓国について筆者が考え出した言葉に「異同感」というのがある。韓国は日本人にとって「似ているようで似ていない」「異なるようで似ている」という異同感の相手なのだ。人の外見からはじまり生活、モノの考え方、性格……その他、何でもそうである。この異同感がウオッチャーには実に刺激的だ。こんな外国は韓国しかない。

 韓国で日本メディアとして事務所を構えていると、出入りが実ににぎやかである。ネタの持ち込みのほか、韓国人からの相談や頼み事などが無数にくる。「日本で本を出版したい」とか、骨董品や古文書、地方名産の売り込みから、尋ね人・人探しまで。そして「つけ届け」。日常的には「反日」などどこ吹く風である。

【次ページ】

決定版どうしても“日本離れ”できない韓国
黒田勝弘・著

定価:本体780円+税 発売日:2015年10月20日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特設サイト佐藤 優セレクション『文藝春秋 戦後70周年新書フェア』(2015.07.03)
書評初めて書かれた「反日」大統領の実相(2015.08.20)
書評なぜ安倍首相が「わが軍」と口走る自衛隊が生まれたか――池上彰の戦後史解説(2015.07.19)
書評本の内容が古びなかったことを喜ぶべきか、「変わらない日本」を嘆くべきか(2015.03.13)
書評元サムスンの超エリート 張相秀さんが指摘する危機の要因 (2015.02.01)
インタビュー・対談侮日観の伝統から照らし出す韓国の反日(2014.01.28)
書評「独島(トクト)」を通じて見える韓国(2013.05.30)