インタビューほか

芸能界のアテンド王・アンジャッシュ渡部建が語る、おいしい店との付き合い方

「本の話」編集部

『芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒』 (渡部建 著)

TV番組の「美味しいお店を知っている芸能人」アンケートで第1位に輝き、今、最もグルメな男として知られる渡部建さん。意外にも、グルメ本の出版は初めて……という渡部さんに、出版までの経緯や食への想いを語っていただきました!

ご主人に一目置かれる客になる方法

――マスコミになかなか登場しない店も掲載されています。「渡部さんの本なら」ということで掲載をOKした店が多かったようですが。

 ありがたいですよね。それだけ僕を信頼してくれているということですから。よく、「芸能人だから特別扱いされているんだろう」と言われますが、僕はどんな店でも普通のお客さんと同じように行きます。自分で予約の電話を入れて行きますし、行列に並んだりします。もちろん自腹です。でも、芸能人として特別扱いはされなくても、客としては特別扱いされたいといつも思っています。

 一度行って気に入ったら、とにかく通います。旨い料理に出会ったら、なんでこんなに旨いのか、納得するまで食べ続けます。そして旨いものが好きな仲間にもどんどん紹介します。そうすると、店のご主人も一目置いてくれて、より旨いものを出してくれるんです。常連になるといい思いができる、という普通のことを実践しているだけですが。

――この本には、渡部さんが常連になりたい、好きな店が網羅されているわけですね。

 幅広いジャンルの店について僕が本当に好きな店を並べたのですが、寿司と焼鳥、そしてサプライズがあって楽しい店が好きだということが改めてわかりました。ただ正直、まだまだ紹介したい店はあります。毎日食べ回っているので通いたい店がどんどん増えているんですよ。それに今回は東京の店だけで、地方には驚くようなスゴい店がたくさんあります。いつか紹介したいですね。

――それだけ毎日飲み食いしているのに、そのスマートな体型を維持できているのは驚きです。

 どんなに遅くても食べた後4時間は絶対寝ないとか、上半身を鍛えるとか、それなりに努力はしています。何と言っても秘訣は……あ、それは次の本で紹介しましょう(笑)。

芸能界のアテンド王が教える 最強の店77軒
渡部建・著

定価:本体1,300円+税 発売日:2014年09月26日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評芸人という星たちが 織りなす星座を描きました(2012.12.13)
書評生まれ変わった老舗のグルメガイド(2012.12.11)
書評みんなと私の「おいしい!!」のため(2011.09.20)
インタビューほか<美味対談 >エッセイと漫画の美味しい競演 平松洋子×谷口ジロー(2010.12.20)
書評匿名取材探偵座談会 ──すべてが、「いま一番いい店」(2010.11.20)
書評野球という「合戦」に命をかける男たち(2013.03.15)