2011.12.09 インタビュー・対談

向田和子インタビュー 向田邦子の言葉に支えられて

聞き手: 烏兎沼 佳代 (構成)

姉と妹の「没後三十年」

向田和子インタビュー 向田邦子の言葉に支えられて

「不思議」だった30年間

 まずは、お礼を申し上げてから、この30年の思いを、私なりの言葉でお伝えしようと思います。

 没後30年にもわたりまして、いろいろな方々のお力を頂戴して、向田邦子の本やテレビ番組をこの世に出しつづけていただきました。姉邦子はもうおりませんが、作家向田邦子は書店でもテレビでもまだ生き続けております。

 ありがとうございました。

1980年7月、イーデス・ハンソンさんとの対談での邦子さん

 向田邦子が51歳で事故死したのは、昭和56年8月22日のことでした。

 身内にとって邦子の没後は、折々に起こる思いがけない出来事と向き合って、1つ1つの答えを探しながら過ごす月日でした。30年の間にいろいろなことをしていただけて、ありがたい、という思いがたくさん残っています。

 毎年、夏が近づくと、取材があったり、雑誌の特集のお話がきたりと、騒がしくなってきます。10年たったとき、「いつまで続くかしら?」とテレビ局の方に聞くと、「邦子さんみたいに冠番組がつづく人はあんまりいないよなあ」と返事が返ってきました。30年すぎて編集の仕事に詳しい人から、「お姉さんの本はよくぞ絶版にならないで、今も本が書店に並んでいるわね」と言われました。向田家は邦子を除いて活字の世界はみんな素人ですから、私はこの言葉を聞いて、(ああ、30年って、そういう長さなのか)としみじみ感じました。

 この年月の感想を言葉にするならば、「不思議」の一言です。

 というのは、3年、5年、10年、15年、20年、25年、30年という没後の節目で、邦子は何事かを引き起こしてくれたのです。本人が空の上から差配しているといったら言い過ぎかもしれませんが、何かそういう不思議な力を感じながら、ずっと邦子の仕事を守りつづけています。

 身内のことながら、「どうしてこんなに続くのかしら?」と考え始めたのは、10年経ったころからでした。

 生前の姉は、脚本家としては23年間、活字の世界では直木賞をいただいてのちにはわずか1年あまりしか仕事をしておりません。それがいまもってみなさんに愛されつづけている仕事を残すことができたのです。

 姉にとっての幸運はまず、時代に恵まれたことでしょう。テレビドラマ創りの大変面白い時期にシナリオを書かせてもらえました。

 デビューした昭和33年は東京タワーが出来た年。日本で初めての刑事ドラマといわれる『ダイヤル110番』(昭和32年~39年、日本テレビ、全365話)で、シナリオ作家デビューをしています。何もかもが試行錯誤で番組はすべて生放送だったテレビ創成期から、自由にシナリオを書かせてもらえました。なにしろ邦子は押しつけられることが嫌いなので、「好きにやっていい」と言われると、ますます頑張るタチなのです。

久我山の社宅前で。右から邦子、迪子、和子さん

 幸運の2つ目は、人に恵まれました。とくに森繁久彌さん、久世光彦さんには大きなチャンスを与えていただきました。

 久世さんから、こんな思い出話をよく聞いたものです。 「お姉ちゃんは、大してうまくなかったね。モノ食ってる場面ばっかり書いて、全然場面転換がない。茶の間のシーンの次がまた茶の間のシーンだものな。でも、何か1、2箇所は今まで書いてきた人とは違って面白いところがあったんだ」

 こんなふうに思っていただける演出家に出会えた。これは運のよさがあってこそです。

 森繁久彌さんは、邦子の運命を変えた方。師匠であり恩人で、絶対的な存在でした。ラジオドラマ『森繁の重役読本』(昭和37年~44年、TBSほか)をはじめ、『だいこんの花』(昭和45年~52年、NET)など多くの作品を書かせていただいています。『だいこんの花』は最初は何人かの書き手がいたのに、

「自分の代表作にしたいから、私1人に書かせてください」

 とプロデューサーに直訴して、邦子が単独で書くようになったのです。森繁さん演じる元海軍大佐の口煩(くちうるさ)いじいさんを主人公にしたこのホームドラマは、第5シリーズまで7年間にわたって続いた、邦子がお気に入りのドラマとなりました。

【次ページ】「ままや」の思い出



こちらもおすすめ
インタビュー・対談ふたり芝居『家族熱』、連続ドラマ「春が来た」制作者が語り合った向田作品の魅力と可能性【前編】(2018.01.15)
インタビュー・対談ふたり芝居『家族熱』、連続ドラマ「春が来た」制作者が語り合った向田作品の魅力と可能性【後編】(2018.01.15)