書評

貞淑な妻の鑑、「性」に翻弄される女――周五郎が描いた、きら星のごとき女性たち #1

文: 沢木 耕太郎

『おたふく』(山本周五郎 沢木耕太郎 編)

『おたふく』(山本周五郎 沢木耕太郎 編)

 そして最後に残るのが「その木戸を通って」のふさである。記憶喪失という絶対的な条件が、どこに位置させることもできない不思議さを持つことになる。日常のふさは若き日のやすのようでもあるが、過去の記憶が甦りかけた瞬間、自身を制御できなくなる。制御できないというより別人になってしまう。そこにおいて、ふさはおさんよりはるかに遠いところに行ってしまうのだ。

 一方、「あだこ」の小林半三郎、「晩秋」の進藤主計、「おたふく」の貞二郎、「菊千代抄」の椙村半三郎、「その木戸を通って」の平松正四郎、「ちゃん」の重吉、「松の花」の佐野藤右衛門、「おさん」の参太、「雨あがる」の三沢伊兵衛らの男たちは、このさまざまなところに位置する女たちに、明るかったり昏かったりする独特な光を照射されることで、一瞬、輝くことになるのだと言える。#2へ続く



こちらもおすすめ
書評貞淑な妻の鑑、「性」に翻弄される女――周五郎が描いた、きら星のごとき女性たち #2(2018.04.26)
書評貞淑な妻の鑑、「性」に翻弄される女――周五郎が描いた、きら星のごとき女性たち #3(2018.04.27)
書評「意地」を貫き通すなかで光を放ち、一層かがやく、周五郎の世界の男たち #1(2018.05.28)
書評「意地」を貫き通すなかで光を放ち、一層かがやく、周五郎の世界の男たち #2(2018.05.28)
書評「意地」を貫き通すなかで光を放ち、一層かがやく、周五郎の世界の男たち #3(2018.05.28)
書評女の、男への。母の、子への。妻の、夫への。様々な「情」が乱反射する周五郎の短編世界#1(2018.06.18)
書評女の、男への。母の、子への。妻の、夫への。様々な「情」が乱反射する周五郎の短編世界#2(2018.06.19)
書評女の、男への。母の、子への。妻の、夫への。様々な「情」が乱反射する周五郎の短編世界#3(2018.06.20)
おたふく山本周五郎 沢木耕太郎編

定価:本体850円+税発売日:2018年04月10日