本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
巨匠が描く身近な恐怖とリアリティ

巨匠が描く身近な恐怖とリアリティ

文:千街晶之 (ミステリ評論家)

『ミスター・メルセデス 』(スティーヴン・キング 著 白石 朗 訳)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『ミスター・メルセデス』(スティーヴン・キング 著 白石 朗 訳)

 そしてビル・ホッジズが登場する物語は、本書の後も続く。第二作『ファインダーズ・キーパーズ』(二〇一五年)は、「ファインダーズ・キーパーズ探偵社」をホリーとともに立ち上げたホッジズが、著名な作家の遺稿をめぐる事件に関わる物語だ。そして、最近邦訳が出たばかりの三部作完結篇『任務の終わり』(二〇一六年)は、メルセデス・キラー事件の関係者が連続自殺を遂げるという謎にホッジズとホリーとジェロームが挑み、三人で力を合わせて想像を絶する悪に立ち向かう内容である。第一作である本書の献辞がジェイムズ・M・ケインに捧げられていたのに対し、『任務の終わり』はトマス・ハリスに捧げられており、そこからも作中で描かれている悪が超越的存在へとスケールアップしていることは推測できるだろう。ともあれ、いかにもキングらしいダイナミックな筆致で綴られた、退職刑事ビル・ホッジズの最後の戦いを見届けてほしい。

文春文庫
ミスター・メルセデス 上
スティーヴン・キング 白石朗

定価:1,023円(税込)発売日:2018年11月09日

文春文庫
ミスター・メルセデス 下
スティーヴン・キング 白石朗

定価:1,078円(税込)発売日:2018年11月09日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る