2018.05.29 書評

キングを読むならまずはコレ!

文: 編集部

『ミスト 短編傑作選』(スティーヴン・キング 著 矢野浩三郎ほか 訳)

『ミスト 短編傑作選』(スティーヴン・キング 著 矢野浩三郎ほか 訳)

 現在進行形で活躍しているアメリカ作家で、日本でもっとも有名なのはスティーヴン・キングだと言っていいでしょう(*1)。人呼んで《恐怖の帝王》、《現代最高のストーリーテラー》。その作品のほとんどが映像化され、なかには『キャリー』『シャイニング』『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』など名作も少なくありません。昨年(二〇一七年)には代表作『IT』が映画化され、アメリカでホラー映画史上最大の興行収入をあげ、日本でも『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の邦題で大ヒットとなりました。

『キャリー』でデビューしてから四十年以上、常に旺盛な創作活動をつづけてきたキングですから、いまや長編だけでも四十冊を超えています。さらに合作や別名義による長編、大河小説《ダーク・タワー》、中短編集も加えると、その著作の数は膨大なものとなります。映画『IT』ではじめてキングを知ったというひとや、スティーヴン・キングという名前は聞いたことがあるというひとにしてみれば、「いったいどれから読んだらいいんだ!」と途方に暮れてしまうのも不思議ではありません。

 ではどうしたらいいのか。キングをどれから読んだらいいのか迷ったら、まず本書『ミスト 短編傑作選』をお読みになるのが正解です。

 本書の多くを占めている中編小説「霧」。これは『ミスト』として映画化(フランク・ダラボン監督・二〇〇七年)され、ネットフリックスによるTVシリーズ『ザ・ミスト』の原作にもなったキングの代表作のひとつです。映画『IT』公開を機に刊行された「ユリイカ 二〇一七年十一月号(*2)」でも、キング研究の第一人者・風間賢二氏と、大のキング・ファンであるマンガ家・広江礼威氏の二人が「最初に読むなら『霧』」と断言しています。



こちらもおすすめ
書評〈恐怖の帝王〉スティーヴン・キング、その続編にして集大成にして新境地!(2018.01.17)
書評タイムトラベル・ロマンスの歴史に残る名作(2016.10.18)
特集担当編集者が教える ドラマ版『11/22/63』のここは見逃せない!(2016.08.03)
書評感涙必至の青春ミステリー(2016.07.29)
書評お帰りなさい、恐怖の帝王――スティーヴン・キング流ホラー、ここに再臨(2016.01.25)
書評巨匠キング 最愛の一作(2015.02.12)
書評『アンダー・ザ・ドーム』解説(2013.11.22)
インタビューほかスティーヴン・キング 恐怖の帝王、ケネディ暗殺を描く(2013.10.08)
書評単なる善悪の闘争を超えて(2011.04.20)
ミストスティーヴン・キング 矢野浩三郎ほか訳

定価:本体860円+税発売日:2018年05月10日