本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
古典と史実をふまえて描かれる、高貴な都の姫君と東国の若者の恋物語

古典と史実をふまえて描かれる、高貴な都の姫君と東国の若者の恋物語

文:木原敏江 (漫画家)

『王朝懶夢譚(らんむたん)』(田辺聖子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『王朝懶夢譚』(田辺聖子 著)

 主人公の月冴は行動力といいものの考え方といい、平安時代とは思えない今どきの女の子だ。自分に仕える女童に五衰(ごすい)という変な名前をつける洒落っ気もある。そんな姫君だから、入内する予定だった東宮が亡くなり、次の東宮に嫁ぐまでの十年間、ただお邸でじっと待っているなんて耐えられない。「つまらない。あたしは海老腰のおばあさんになっちゃうわ」と、内心は不満がいっぱいである。「もっとひろい世の中を見てみたい、それも世の中の男たちを」とひとりジリジリしていると、姫君の前に小天狗の外道丸があらわれて、どういう気まぐれからか、その願いをかなえてくれるという。月冴姫はなぜか河童や猩々(しょうじょう)、大亀のヒー公といった物の怪と心を通わせることができるのだ。

 

 姫の家には代々、不思議な玉の櫛が伝わっている。重たくて髪をすくには実用的ではないと思うが、その櫛は姫が見たいと思っているところや、運命的に見なければならないことを映し出す霊力がある。ときには時空を超えて、唐の都の玄宗皇帝と楊貴妃の仲睦まじい様子を見せることもある。いったい櫛はどんな形をしているのか、そこにどんなふうに映像が浮かぶのか、私はこの玉の櫛がとても気になる。

王朝懶夢譚
田辺聖子

定価:770円(税込)発売日:2019年02月08日

ページの先頭へ戻る