本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
古典と史実をふまえて描かれる、高貴な都の姫君と東国の若者の恋物語

古典と史実をふまえて描かれる、高貴な都の姫君と東国の若者の恋物語

文:木原敏江 (漫画家)

『王朝懶夢譚(らんむたん)』(田辺聖子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『王朝懶夢譚』(田辺聖子 著)

 ある日、退屈しのぎに櫛を眺めていると、もやもやと景色が広がり、東国からはるばる都にやってきた若者の姿が浮かんできた。姫の目線はくぎ付けになる。狐の紫々(しし)が姫そっくりに化けて、その若者、晴季(はるとき)に近づいたときから、心はここにあらず、魂は全部をそっちに持っていかれてしまう。そして、恋に落ちる。たとえ本人は気づいていなくても、「この人をいじめてやりたい」「自分に振り向かせたい」と思うのはひとめぼれでしかありえない。

 最終的に晴季に落ち着くまでに、ほかの男たちとの出会いもあり、それぞれちょっとずつ気持ちを通わせ合う。気が多い姫だから、そのときどきで惹かれる男性のタイプもいろいろだ。渋めのお坊様やユニークな医師(くすし)、自分の運命を嘆いているだけの貴公子もいる。この、美男だけ出てくるわけじゃない、というのがいい。とくに醜男の医師(くすし)、麻刈(あさかり)には絵心をくすぐられる。描き分けが楽しめそうだ。麻刈は愛嬌はなくても、もうすぐ仙人になるような人だから、とらえどころのない魅力を持っている。

王朝懶夢譚
田辺聖子

定価:770円(税込)発売日:2019年02月08日

ページの先頭へ戻る