書評

古典と史実をふまえて描かれる、高貴な都の姫君と東国の若者の恋物語

文: 木原敏江 (漫画家)

『王朝懶夢譚(らんむたん)』(田辺聖子 著)

『王朝懶夢譚』(田辺聖子 著)

 まぁ、なんて楽しいお話でしょう。ヒロインははつらつとして、妖怪たちはみな可愛らしく、物語の展開はスピーディだ。まるで、小天狗の外道丸(げどうまる)に手を引かれ、姫君といっしょに平安の都の空をかけめぐってきたかのよう。読後感は爽快そのもので、当時の出版社がこの作品をなぜ漫画化しなかったのかと不思議に思ったくらいだ。今からだって遅くはない。ただし、もし漫画にするなら、古典について最低限の知識を持った作家にお願いしたい。装束にしろ、庭の花にしろ、よく知らないままテキトーに描かれると、たちまちリアリティが失われて、雰囲気がこわれてしまうから。

『王朝懶夢譚』の時代設定は作中では名は伏せられているが醍醐天皇のころ、平安中期より少し前のころだろう。東宮に夭折された醍醐帝はわずか三歳の皇子を次の東宮とした。本書はこの史実をふまえて、高貴な都の姫君と東国の若者が紆余曲折のすえに結ばれるまでの物語が描かれている。

王朝懶夢譚田辺聖子

定価:本体700円+税発売日:2019年02月08日


 こちらもおすすめ
書評紫式部ってこんな人だったかも! 深い歴史の海へ漕ぎ出してくれる物語(2017.09.26)
書評『古今盛衰抄』あとがき(2017.09.26)
書評30年間手放せなかった「むかし・あけぼの」は、平安の世界へ誘う道しるべ(2016.04.19)
書評太陽のように幸福で、孤独だった人――清少納言(2016.04.10)
書評現代の作家が過去という時間を借りて書いた、女として最高の人生を描く古典文学(2015.10.12)
書評現代的な刺激にみちた、永遠にあたらしいユニークな王朝小説(2015.10.11)
書評『ガラスの仮面』の作者が語る王朝文学 「少女マンガの王道をいくストーリーです!」(2015.04.24)
書評本音で生きるヒゲの従者が見た、光源氏の恋愛模様(2011.05.20)