別冊文藝春秋

『新しい星』彩瀬まる――立ち読み

文: 彩瀬まる

電子版27号

「別冊文藝春秋 電子版27号」(文藝春秋 編)

 糸子を見た青子は急に心がほどけ、学校で良いことがあった帰り道のように、彼女に報告したくなった。今、とても大切なことが分かった気がする。ふいに叩き落とされた新しい星で、握り締めていられるものを見つけたかもしれない。

「あのね……なぎさが、そばにいるの。私を慰めてくれてる。だから私はこれから、一人でもちゃんとやっていけると思う」

 もう心配しないでと伝えたかった。もしかしたら、よくそれに気がついたね、と褒められることすら、どこかで期待していたのかも知れない。しかし日溜まりをかき混ぜる娘の手に目を向けた糸子は、みるみる顔を青ざめさせた。

「一人でも、って……なに、なに極端なことを言ってるの。一人でなんてそんな……年をとってから後悔したって遅いのよ? あのね青子、辛いのは本当に分かるけど、ちゃんと現実を見なきゃ。気持ちを切り替えて、次の生活に踏み出すの。子供はいらないっていう男性だって探せばきっといるわ。一人なんてだめよ。だってなぎちゃんは、なぎちゃんは……」

 もういないのよ、とうめく糸子の内部で悲しみがみるみる膨張し、意識を塗りつぶしていく景色が見えるようだった。ああお母さん、いっぱいにならないで。青子は胸が詰まった。もう糸子にメッセージは届かない。青子が見つけたどんな真実も、幼稚な妄想として拒まれる。

 新しい星で、青子はやはり一人だった。墜ちた砂地で途方に暮れて、すすり泣く母親を眺めていた。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版27号文藝春秋・編

発売日:2019年08月20日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋『どうかこの声が、あなたに届きますように』浅葉なつ――立ち読み(2019.08.22)
別冊文藝春秋『グランドシャトー』高殿円――立ち読み(2019.08.29)
別冊文藝春秋『夢で逢えたら その女、芸人につき』吉川トリコ――立ち読み(2019.09.05)
高校生直木賞高校生は『くちなし』のどこに共感した? 高校生直木賞 前回受賞者・彩瀬まるさん講演会レポート(1)(2019.07.10)
高校生直木賞高校生直木賞 参加25校の代表生徒たちの声(1)(2018.09.09)