特集

<阿部和重 ロング・インタビュー> アメリカ・天皇・日本 聞き手=佐々木敦 #3

文學界10月号 特集 阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ

『シンセミア』連載開始から二十年、『ピストルズ』刊行から九年。
神町(じんまち)トリロジーの完結篇にして、数々の謎が仕掛けられたエンターテインメント巨篇『Orga(ni)sm[オーガ(ニ)ズム]』がついにヴェールを脱ぐ。
二〇一四年、日本の首都となった神町を舞台に展開する、作家「阿部和重」とその息子・映記(えいき)が巻き込まれたCIAと菖蒲(あやめ)家の対立、そして日米関係の行方は――。
私小説/メタフィクション/現代文学がアップデートされる瞬間を目撃せよ!


<<#2よりつづく

『オーガ(ニ)ズム』(阿部和重 著)

人権問題としての天皇制

――連載が完結したのは二〇一九年五月刊の文學界六月号です。実は僕は今年の春「すばる」に「私的平成文学クロニクル」という小論を書きました。平成の三十一年間を、一年に一作ずつ代表的な小説を選んで論じていく内容です。それを書くにあたって、文學界に『Orga(ni)sm』の完成予定を問い合わせたんです。なぜなら『Orga(ni)sm』が平成のうちに終わるのではというある種の確信を僕は持っていたんですよ。だから平成三十一年の最後の作品を『Orga(ni)sm』にすれば収まりがいいと思ったんですね。

 阿部 それはありがたいですし、申し訳なかったです(笑)。

――阿部和重という人はそういうことをやる人だという思い込みがあったので。結果的には、掲載がもうひと月早ければ平成のうちに終わっていたんですよね。

 阿部 執筆自体は平成中に終わっていたのですが。

――黒人大統領の誕生や東日本大震災と同様、平成が令和になるのもある時期まではわかっていなかったわけじゃないですか。二〇一九年五月に改元が行われることは一年くらい前に周知されていましたが、これについて何か意識されていたことはありましたか。

 阿部 特に思い入れや考えはありませんでした。一方で、この三部作は日米関係と同時に、天皇制をどのようにとらえるかがテーマの一つでした。『シンセミア』では天皇家と相似関係にある田宮家が崩壊する過程が描かれている。『ピストルズ』は国家の中で特殊性を引き受けた存在として菖蒲家が設定されている。それら二つの物語を引き継いで、天皇制の物語をどのような結末に至らしめるかが『Orga(ni)sm』の重要なテーマとしてあったのは確かです。実は今作では、いわゆる皇室とか天皇制についてはほとんど触れていません。直接的に触れていないのだけれども、自分の中ではテーマの結末は決まっていて、物語全体がその方向に向かっていき、むしろ触れないことで最終的な一行が際立つということをやりたかったんです。ネタバレになってしまうので多くは語れないのですが、天皇制は終わらせるべきだということがわりとはっきり書かれてあります。

――本書の、驚くべき結末に関する部分ですね。

 阿部 その一行に、これまで三部作を通じ天皇制の物語を書いてきた全部を結び付けたかった。以前、高橋源一郎さんが文芸誌の対談で「阿部さんは、日本は女性天皇でいいのではないかと戦略的に書いている」とおっしゃっていましたが、それは誤解です。というのも、『ピストルズ』の物語は菖蒲家の伝統を終わらせるという方向に進んでいるので。

文學界 10月号

2019年10月号 / 9月6日発売
詳しくはこちら>>

特設サイトへ
オーガ(ニ)ズム阿部和重

定価:本体2,400円+税発売日:2019年09月26日


 こちらもおすすめ
特集占領、偽史、ユダヤ──『Orga(ni)sm』読解の糸口として【作品論】<阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ>(2019.10.07)
特集明晰な虚構の語り、文学だけが持ちうる倫理【作品論】<阿部和重『Orga(ni)sm』を体験せよ>(2019.10.08)
特集『Orga(ni)sm』キーワードをめぐるよもやま話 #1(2019.10.08)
書評〈英雄たち〉の帰還(2017.11.09)
書評著者を命名した初めての私小説――「プロローグ」はまだはじまったばかりだ(2018.02.19)