インタビューほか

『菊花の仇討ち』新刊インタビュー

梶よう子さん#2

『菊花の仇討ち』(梶よう子 著)

――舞台は『一朝の夢』の前になりますが、『一朝の夢』に登場した三好貫一郎(=関鉄之介。水戸藩士で桜田門外の変の実行犯)がこの作品でも出てきましたね。

 過去2作を読んでいただいた方に、「えっ!」と思ってもらいたかったんです。時系列的には、『一朝の夢』がいちばん手前で安政7年、第2作の『夢の花~』が安政2年で、今回はその1年後の設定です。でも発表順に読んでもらってもいいですし、この作品が初めてでもいい。エピソードが前後する、「スター・ウォーズ」方式ですね(笑)。

――作品のあちこちに、前作で起きた大地震の傷跡が出てくるのも印象的です。

 じつは『夢の花~』を連載中に東日本大震災が起きて物語が現実とシンクロしてしまい、書くのがしんどかったんです。だから今回は大地震の後の設定にして、江戸の復興を興三郎の視線や朝顔の花を通して描きたかった。花は趣味のもので、大災害の後、復興優先の時には後回しにされがちです。でもその花の栽培ができるということは、すなわち余裕があるということで、少しずつでも復興が進んでいることの象徴になると思いました。

――植木屋の娘・おみねの出番が多く、彼女の幼馴染みのお徳も出てきて彩りを添えました。

 興三郎本人は恋愛とは縁遠いんですが……。短編だったので、より身近な人を救ったり、守ったりすることになりました。彼にしかできない形で――ふだんはぼーっとしてるし、大きいこと、派手なことはできないけど、周りをほんわかさせることができる。やる時にはやる、でも花に絡んでないとしない、それが興三郎です(笑)。

菊花の仇討ち梶 よう子

定価:本体1,600円+税発売日:2019年09月27日

夢の花、咲く梶 よう子

定価:本体600円+税発売日:2014年06月10日

一朝の夢梶 よう子

定価:本体710円+税発売日:2011年10月07日


 こちらもおすすめ
インタビューほか朝顔同心はアキバ系!?(2019.10.16)
インタビューほか「柳沢吉保は名君だった!?」 梶よう子さんが選ぶ“川越”を知るための3冊も!(2018.08.19)
インタビューほか<梶よう子インタビュー> 江戸時代のエコ農法の誕生を描く(2018.08.03)
書評これは“正義”か“テロ”か。その境界に迫る傑作歴史長編。(2016.06.05)
書評『夢の花、咲く』解説(2014.06.25)