本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
親になるとはどういうことか──自らの生き方を問われる、力強い物語

親になるとはどういうことか──自らの生き方を問われる、力強い物語

文:大塚真祐子 (書店員)

『漂う子』(丸山正樹 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『漂う子』(丸山正樹 著)

 羽田が直にふと洩らした本音が、いつまでも重く響く。たとえば生い立ちや家庭環境が、自尊感情の育ちに影響を及ぼすというのは、一つの言説としてよく目にするが、周囲が気づかないほどの軽度の知的障害や発達障害を抱えながら、適切な支援を受けられなかったことで、自ら不利な状況を作り出してしまうことがあるというのは、『漂う子』やその参考文献を読むまでは、思いもよらない視点だった。かつては家族や親族、地域のコミュニティでフォローできていたハンディキャップを、剥き出しにしたまま社会に出れば、周囲との摩擦を生み、生活はより困難なものになる。そういう人びとが一定数存在するということは、居所不明児童や虐待の背景にあるのが、必ずしも親であることの無自覚や子への憎しみというだけでなく、人をひとり育てるという大仕事を、一家庭やその親のみに背負わせる現代の社会のあり方や、人びとの考え方に、問題の根の一つがあるのかもしれない。『漂う子』という物語との出会いがなければ、親と子が直面する現実に、こんなふうに向き合うことは、間違いなくなかっただろう。

〈「(略)少子化対策とか言っていますけど、国が認めているのは『ちゃんと二親が揃った正しい親子』なんですよ。でも、正しい親子って、何でしょう」〉

 羽田の問いかけに自分を重ねる。物語にも、自分の中にも答えがあるわけではない。

文春文庫
漂う子
丸山正樹

定価:902円(税込)発売日:2019年11月07日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る