特集

【試し読み】朱野帰子『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』

著者: 朱野帰子

『科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました』(朱野帰子 著)

主な登場人物

羽嶋賢児……大手家電メーカー柴田電器に勤める31歳。実家暮らし。調査会社から転職して4年目。課長候補として商品企画部に来るが、この異動は“島流し”と噂されている。

蓼科 譲……賢児の幼馴染。小学生の頃から成績優秀だった。研究者への道を歩み、現在は地球惑星科学者の卵。

小森美空……賢児の姉。現在第一子の出産を控え、里帰り中。

寺内梨花……賢児の同僚。商品企画部に所属していて、美顔スチーマーを企画、そこそこヒットさせた。

桜川誠一……柴田電器の美容家電事業部長。賢児を商品企画部に“島流し”にした張本人。

桐島紗綾……賢児の元彼女。出版社の編集者。賢児とは別れたが、美空とは今でも仲が良い。


1

「僕は科学を信じています」

 という書き出しの作文を教室で読みあげた時、賢児(けんじ)は小学六年生だった。

「科学はどんどん進んでいます。今年の夏には、日本人初の女性宇宙飛行士がスペースシャトルに乗って、宇宙に飛びたつことになっています。でも、うちの姉はいまだに科学のことをなんにも知りません」

 ここから先は、教室に座っている同級生にとってもセンセーショナルな内容のはずだ。 でもどうしても伝えなきゃ。でないと美空(みそら)のアホを助けられない。

 事情を知る譲(じょう)がうしろに座っているのが心強かった。

 読み終わったとき、教室は海の底みたいに静かだった。精子とか卵子とかいう言葉にニヤニヤしていた男子たちは、途中で話についてこられなくなったらしく、黙りこんでいる。女子たちは動かない。気持ち悪い、と涙ぐんでいる女子がひとりいた。担任は五秒くらい迷っていたが、何も言わずに、次の子を指した。

科学オタがマイナスイオンの部署に異動しました朱野帰子

定価:本体770円+税発売日:2019年11月07日


 こちらもおすすめ
書評「もう少しだけ、頑張ってみよう」――そんな力を与えてくれる、お仕事小説(2019.11.25)
コラム・エッセイ自分の信念を曲げられずに日々会社で戦っている、すべての働く人へ(2019.11.18)
別冊文藝春秋インチキとわかっていてもすがりたい 「似非科学」にどう勝つか?(2015.08.17)
書評私たちはおじさんたちなしでは 生きていけない(2013.12.27)