本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
不運で律儀でタフで愉快な葉村晶さん、ぜひ一杯飲みましょう。

不運で律儀でタフで愉快な葉村晶さん、ぜひ一杯飲みましょう。

文:辻 真先 (作家)

『不穏な眠り』(若竹七海 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

『不穏な眠り』(若竹七海 著)

 彼女のあまりな運の悪さからユーモアが溢れ、発する片言隻語(へんげんせきご)がギャグじみるのは、どういうわけだろう。齎(もたら)す諧謔のみなもとは、彼女が自分と対象の距離感を正しく保持していることだと思っている。

 ミステリの一系譜にハードボイルドがある。

 謎解きミステリの探偵役の武器は灰色の脳細胞だが、ハードボイルドの場合行動あってこその探偵だ。だから疲れを知らぬげに動き回る葉村晶のシリーズを、ハードボイルドの枠に収める人がいてふしぎはないけれど、あいにく彼女はもう若くない。人なみに四十肩を発症するし、おいそれと点滴の痕が消えないし、白髪染めでハンカチを赤く汚してしまう。ぼくの経験でいえばギックリ腰になる日も遠くないだろう(もうヤッてましたか?)。いくら有能な探偵でも葉村晶はちゃんと加齢し、疲労し、すり切れる。読者のあなたどうように。

 ひどいときには喉に吉川線がつくこともあるが(『不穏な眠り』参照のこと)、ミステリ読みの方はご承知のように、老齢になったからといってだしぬけにつくものでは、絶対にない。強いていうならハードボイルドのせいだが、とにかく彼女はひどい目にあう。あいつづける。

 短編がスタートする以前に十分間気絶させられて(『逃げだした時刻表』参照のこと)、思わず「はやッ」とぼくに口走らせたケースさえある。

特設サイトへ
文春文庫
不穏な眠り
若竹七海

定価:715円(税込)発売日:2019年12月05日

文春文庫
錆びた滑車
若竹七海

定価:880円(税込)発売日:2018年08月03日

文春文庫
静かな炎天
若竹七海

定価:759円(税込)発売日:2016年08月04日

文春文庫
さよならの手口
若竹七海

定価:935円(税込)発売日:2014年11月07日

文春文庫
悪いうさぎ
若竹七海

定価:858円(税込)発売日:2004年07月09日

文春文庫
依頼人は死んだ
若竹七海

定価:770円(税込)発売日:2003年06月10日

プレゼント
  • 『トッド人類史入門 西洋の没落』

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/03/17~2023/03/24
    賞品 『トッド人類史入門 西洋の没落』 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る