本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる

『海のかけら』彩瀬まる――立ち読み

出典 : #別冊文藝春秋
ジャンル : #歴史・時代小説

別冊文藝春秋 電子版29号(2020年1月号)

文藝春秋・編

別冊文藝春秋 電子版29号(2020年1月号)

文藝春秋・編

くわしく
見る
「別冊文藝春秋 電子版29号」(文藝春秋 編)

 知り合いにも、他人にも会いたくない。誰にも姿を見られたくないし、自分についてなにかを思われるのが嫌だ。そう感じ始めたら、元職場の周辺から順に、まるで板チョコを一列ずつ折りとるように「行けない場所」が広がっていった。同僚に会いたくない。同級生に会いたくない。近所の人に会いたくない。自分を評価する他人に、会いたくない。自分の部屋は、辛うじて手元に残ったチョコの一片で、存在が許される最後の場所だった。

 枕元のスマホをつかみ、ディスプレイに表示されるデジタル時計を確認する。角張った四つの数字は午前十時を指していた。基本的に朝方に寝て午後に起きる生活をしているので、部屋に差し込んだ光のおかげで、ずいぶん早起きをしたことになる。

 メッセージアプリには、母親からメッセージが届いていた。

【お店に行ってくるね! 夕飯は揚げものにしようと思うんだけど、唐揚げと天ぷらならどっちがいい? 玄ちゃんの好きな方でいいよ!】

 玄也の母親は、日中は駅ビルの食品街にあるパン屋で働いている。玄也が部屋にこもり始めた当初は【夕飯はなに食べたい?】などの漠然としたメッセージが多く、返事が思い浮かばずにやりとりをほぼ放置していたけれど、いつのまにか母親は【AとBならどっちが食べたい?】といった聞き方をするようになった。確かにその方が、玄也にとって答えやすい。パン屋の従業員が着用する深緑色の三角巾を思い出しながら、玄也は親指を画面にのせた。

 てんぷ、と打ち込んだところで、文字入力ソフトの動きがぎこちなくなった。唐突に画面が切り替わり、新しいメッセージの受信が告げられる。

 心臓がばたたっと慌ただしく打った。メッセージの送信者は「AOKO」。なんだか覚えのある名前だが、それ以前にひどく焦った。母親以外の人からメッセージを受け取るのは数ヶ月ぶりだったからだ。母親とやりとりしている画面に戻ろう、とまごついた指が、誤って受信したメッセージの方を叩いてしまう。玄也と母親が利用しているメッセージアプリは、メッセージを開けば「既読」という通知が相手方にも届く。

 しまった、と思った時には、AOKOのメッセージが画面に表示されていた。

【お久しぶりー、森崎でーす。ゲンゲンいかがお過ごしですか。実は先週から、茅乃と一緒に紀尾井町の道場に通い始めました。日曜日の午後の稽古に出ています。ゲンゲンや卓ちゃんにも会いたいので、気が向いたら顔出してねー。指導に当たっている遠藤師範も、二人に会いたがってた】

 能天気で明るい文面に、面食らう。

 

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版29号(2020年1月号)
文藝春秋・編

発売日:2019年12月20日

プレゼント
  • 『さらば故里よ 助太刀稼業(一)』佐伯泰英・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/7/9~2024/7/16
    賞品 『さらば故里よ 助太刀稼業(一)』佐伯泰英・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る