書評

過激で過剰、痛快で悲惨……とにかく無類に面白い! 予測不能のジェットコースター小説

文: 金原 瑞人 (翻訳家)

『番犬は庭を守る』(岩井 俊二)

『番犬は庭を守る』(岩井 俊二)

 困った。

 いままでに何度も文庫の解説を書いてきたけど、この本の解説は難しい。難しいうえに、もどかしい。

 こんなに面白いのに、その面白さをどう伝えていいのかがわからない。それがもどかしくてしょうがない。疾走しようと飛び出すと、足がもつれて転倒してしまいそうだ。

 たまにそういう作品に出会う。つい最近だと、チョン・ミョングァンの暴力的で猥雑で、滑稽で残酷で、深く切ない長編小説『鯨』。かなり前の作品だとガルシア・マルケスの『百年の孤独』とドノソの『夜のみだらな鳥』、はるか昔の作品だと、アルベール・カミュの『異邦人』、さらに昔だと、フランツ・カフカの『城』や『審判』、もっともっと昔だと、メルヴィルの『白鯨』。このリストにこっそりもうひとつ入れるとしたら、ジョルジュ・バタイユの『目玉の話』だろうか。

 いったい、なんで、何が楽しくて、何が悲しくて、こんな作品を書いたんですかと作者に聞きたくなってしまう作品に、ごくまれに出会う。

番犬は庭を守る岩井俊二

定価:本体740円+税発売日:2020年01月04日


 こちらもおすすめ
特集佐藤良明氏による紹介 『デカルトからベイトソンへ――世界の再魔術化』 モリス・バーマン 著/ 柴田元幸 訳(2019.07.29)
特集「面白すぎて3回読み返した!」 知念実希人『レフトハンド・ブラザーフッド』に届いた全国の書店員さんの声(2019.03.30)
書評高放射能汚染地域〈ゾーン〉をめぐる文学実践。計り知れないほど深くて広い田口ランディの紡ぐ世界(2016.01.27)
書評危機を克服して活かすための大切な原則(2016.01.19)
書評ろくでもない世界における『デブを捨てに』のスゴイ効能(2015.03.05)