本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
過激で過剰、痛快で悲惨……とにかく無類に面白い! 予測不能のジェットコースター小説

過激で過剰、痛快で悲惨……とにかく無類に面白い! 予測不能のジェットコースター小説

文:金原 瑞人 (翻訳家)

『番犬は庭を守る』(岩井 俊二)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『番犬は庭を守る』(岩井 俊二)

 困った。

 いままでに何度も文庫の解説を書いてきたけど、この本の解説は難しい。難しいうえに、もどかしい。

 こんなに面白いのに、その面白さをどう伝えていいのかがわからない。それがもどかしくてしょうがない。疾走しようと飛び出すと、足がもつれて転倒してしまいそうだ。

 たまにそういう作品に出会う。つい最近だと、チョン・ミョングァンの暴力的で猥雑で、滑稽で残酷で、深く切ない長編小説『鯨』。かなり前の作品だとガルシア・マルケスの『百年の孤独』とドノソの『夜のみだらな鳥』、はるか昔の作品だと、アルベール・カミュの『異邦人』、さらに昔だと、フランツ・カフカの『城』や『審判』、もっともっと昔だと、メルヴィルの『白鯨』。このリストにこっそりもうひとつ入れるとしたら、ジョルジュ・バタイユの『目玉の話』だろうか。

 いったい、なんで、何が楽しくて、何が悲しくて、こんな作品を書いたんですかと作者に聞きたくなってしまう作品に、ごくまれに出会う。

文春文庫
番犬は庭を守る
岩井俊二

定価:814円(税込)発売日:2020年01月04日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る