インタビューほか

連続テレビ小説「エール」のモデルになった古関裕而、その80年の生涯とは

辻田 真佐憲

『古関裕而の昭和史』(辻田 真佐憲)

『古関裕而の昭和史』(辻田 真佐憲)

 つぎは、昭和に作られた歌の冒頭である。なんの歌かわかるだろうか。五曲わかれば、音楽通。七曲すべてわかれば、かなり博識といっていい。

    (1)六甲颪に颯爽と

    (2)モスラヤ モスラ

    (3)若い血潮の「予科練」の

    (4)こよなく晴れた 青空を

    (5)ちえをめぐらせ 頭を使え

    (6)男とうまれ 海をゆく

    (7)風吹かば吹け むらさきに

 (1)は、阪神タイガースの応援歌「六甲颪」(一九三六年)。これは簡単。

 (2)は、「モスラの歌」(一九六一年)。東宝の怪獣映画『モスラ』の劇中、双子の女性デュオ「ザ・ピーナッツ」によって歌われた。

古関裕而の昭和史辻田真佐憲

定価:本体950円+税発売日:2020年03月19日


 こちらもおすすめ
インタビューほか令和時代だからこそ書けた「昭和史小説」 昭和天皇の苦悩は日本の苦悩である(2019.12.26)
書評令和初となる「終戦の日」に、小説『昭和天皇の声』を通じて歴史を振り返る。(2019.08.13)
インタビューほか岸惠子×磯田道史対談 日本とパリの「愛のかたち」(前編)(2018.03.01)