書評

「この本がなければ私は小説家にならなかった」

文: 窪 美澄 (作家)

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文 著)

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文 著)

 白石一文という作家と私との縁というものをまず書いておかねばならないと思う。

 私が小説家としてデビューするきっかけとなったのは、新潮社の『女による女のためのR-18文学賞』なのだが、「大賞をとりました」という電話をいただく直前、私は下北沢の三省堂書店の小説売り場で白石氏の『この胸に深々と突き刺さる矢を抜け』の単行本を手にしていた。白石さんの新刊が出たんだ。しかも上下巻の単行本。早く文庫にならないだろうか(その頃はフリーのライターをしており、しかも夫と別居するかしないかという問題でもめている時期で、経済的にも時間的にももちろん精神的にも余裕がなかった)。そんなことをぼんやり思っていたとき、携帯電話が鳴り、私は慌てて本を置き、新潮社の担当者からの電話をとったのだった。

 この人の描く物語、この物語を描くこの人とは、何か縁を感じる、というのは、読者の一方的な思い込みから始まるものだと思うけれど、そもそも私に小説を書きたい、書かなければ、と思わせてくれたのが、本書『僕のなかの壊れていない部分』だった。

僕のなかの壊れていない部分白石一文

定価:本体840円+税発売日:2019年11月07日


 こちらもおすすめ
特集作家が物語に込めた、東日本大震災への鎮魂と明日への願い【3.11まとめ・小説編】(2016.03.11)
書評時間のジレンマを乗り越えて 白石一文の小説技法 (2014.10.01)
書評震災後に起きた不思議な出来事を描く(2012.02.22)
インタビューほか震災で考えた「死ぬこと」と「時間」について(2012.01.16)
書評小説化を躊躇するようなテーマに挑み、先入観による誤読を恐れず、 成功した作品(2018.05.23)