書評

オタク最強! の生きざまを描き、「女子の呪いをとく力」を持った超ハッピーなエッセイコミック

文: アルテイシア (作家)

『まるごと 腐女子のつづ井さん』(つづ井)

『まるごと 腐女子のつづ井さん』(つづ井)

 このたび『腐女子のつづ井さん』文庫版の解説を書くことになった。その依頼メールを受け取った私は「マジか…メッチャ嬉しい…」と涙で目を潤ませた。

 花粉症と涙もろさが加速する私は44歳の作家であり、以前からつづ井さんの漫画のファンである。つづ井さんのLINEスタンプもゴリゴリに使っている。

 そういうファンは私の周りに大勢いて、拙者アルテイシアの読者が集まったオフ会で「つづ井さんの漫画、好きな人~?」と聞いたら、ほぼ全員が挙手していた。この割合でいうと、シリーズ累計90億部ぐらい売れているのだろう。メッチャ羨ましい。

 つづ井さんはなぜこんなに愛されるのか? その魅力を語り尽くすにはオタクの早口でも三日三晩かかるが、まずは「理屈抜きの面白さ」が挙げられるだろう。

 つづ井さんの漫画は何度読み返しても爆笑してしまう。たとえばイヤホンを鼻の穴にさして、BLのCDを再生する場面。「…ほら…ごらん…君のここ、フフッ、もうこんなになってるよ」とイケメンの声を響かせるつづ井さんの表情、それを無言でスマホで撮影するMちゃん。

 この場面に大笑いしながら、私の脳内にも声が響いた。「やるっきゃないじゃん‼」

まるごと 腐女子のつづ井さんつづ井

定価:本体900円+税発売日:2020年05月08日


 こちらもおすすめ
特集鼎談 綿矢りさ×朝吹真理子×村田沙耶香 深夜二時から始まる話(2020.04.28)
ニュース山田詠美さんの短編集『タイニーストーリーズ』を内田春菊さんがマンガ化!(2020.03.06)
インタビューほか朝顔同心はアキバ系!?(2019.10.16)
インタビューほかラジオは嘘がつけない──『どうかこの声が、あなたに届きますように』で描いたのは、二十歳の元地下アイドル(2019.09.04)
書評これを書いているのは自分ではないか? 共感を呼ぶジェーン・スーの品定め(2016.08.16)