本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『夜叉の都』伊東潤――立ち読み

『夜叉の都』伊東潤――立ち読み

伊東 潤

電子版32号

出典 : #別冊文藝春秋
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

「別冊文藝春秋 電子版32号」(文藝春秋 編)

「母上、どうやら間に合わなかったようですね」

 背後で頼家の声がしたので、政子が振り向いた。

「ようやく、お越しでしたか」

「はい。馬を飛ばして駆けつけてきました」

「それは本当ですか。あれほど『急いでお越し下さい』と申し上げたのに、使いを出してから二刻(約四時間)は経っています。本当に急いでいたのですか」

 頼家を前にすると、どうしても非難めいた口調になってしまう。

「もちろんです。しかし雑務が多くて、あれやこれやと指示を出しているうちに、時間ばかりが経ってしまいました。三幡の死に目に会えなかったのは、慙愧に堪えません」

 そう言うと、頼家が隣に座した。

「三幡、苦しかったか。だがもう苦しみは去った。これからは仏の許で修行に励むのだぞ」

 だがその言葉に、感情が籠もっているようには思えない。

「三幡は血を分けた妹ではありませんか。その雑務とやらは、それほど急を要するものなのですか」

「母上」と言いつつ頼家がため息をつく。

「そもそも、それがしへの直訴を禁止し、十三人の宿老(取次役)などという制度を設けたため、さような仕儀になったのですぞ」

 頼家が将軍になってから六日後の四月十二日、頼家に親政は無理と判断した時政や大江広元らは、「十三人の合議制」と呼ばれる制度を発足させた。というのも、すでに頼家には同年配の側近たちがおり、彼らを重用するのが明らかだったからだ。そのため時政や大江広元らは、先手を打ったのだ。

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版32号(2020年7月号)
文藝春秋・編

発売日:2020年06月19日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る