別冊文藝春秋

『夜叉の都』伊東潤――立ち読み

文: 伊東 潤

電子版32号

「別冊文藝春秋 電子版32号」(文藝春秋 編)

第一章 王位を継ぐ者

 初めて鎌倉に来た時のことを、政子はよく覚えている。「ここを本拠とする」と頼朝から聞いた時、政子は「本気ですか」と聞き返したものだ。故郷の北伊豆北条郷も辺鄙なところだが、それにも増して鎌倉は寂しい漁村だった。

 鎌倉には寺社もわずかしかなく、鶴岡八幡宮はいまだ鶴岡若宮という名の小さな社でしかなく、ほかには荏柄天神社、杉本寺、甘縄神明宮などが人気のない山中に散見される程度だった。

「どうしてこんな寂しい場所に居を定めるのですか」と問う政子に、頼朝は「ここには海がある。海があれば、船でどこにでも行ける」と答えた。

 むろんそれだけではなく、鎌倉は源氏ゆかりの地であり、また三方を山に囲まれた要害地形にあったことも、その理由だと後に知った。

 二人は由比ガ浜から朝の陽光にきらめく鎌倉の海を眺め、多くの夢を語り合った。頼朝は半ば本気で、「この地をこの国の中心にしてみせる」と言った。政子にとって、この国の中心は京でしかなく、なぜこんな辺鄙な地がこの国の中心になるのか、いっこうに理解できなかった。

 首をかしげる政子を見ながら、頼朝は涼やかな笑みを浮かべ、「こういうことは口に出して言わないと、自分でも信じられんからな」と言って笑った。

 治承四年(一一八〇)十月、頼朝は三十四歳で、政子は二十四歳だった。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版32号(2020年7月号)文藝春秋・編

発売日:2020年06月19日


 こちらもおすすめ
インタビューほか伊東潤「史実を踏まえた上で、いかに人物の感情をうまく描けるか」(2020.06.19)
インタビューほか伊東潤が世話物に込めた希望~『潮待ちの宿』刊行記念インタビュー~(2019.11.01)
書評境界にいる人間が見せてくれた、真っ当過ぎるまでの正義感(2019.07.26)
インタビューほか現実の手触りと小説の嘘――横浜をめぐって 堂場瞬一×伊東潤【前編】(2016.11.07)