インタビューほか

命は大事。だから死刑――「命の大事さを一番知っているのは遺族」

上谷 さくら

『死刑賛成弁護士』(犯罪被害者支援弁護士フォーラム)

『死刑賛成弁護士』(犯罪被害者支援弁護士フォーラム)

 実際、闇サイト殺人事件で娘さんを殺された磯谷富美子さんは、「犯人の1人に死刑が執行された翌日から、その犯人のことを考えなくてすむようになった」と心情を語っています。死刑によって、遺族に心の平穏が訪れるというのはとても重要なことです。

 次に、死刑は「残虐な刑罰」であり、国家による殺人だから許されないという主張があります。これは、日本国憲法第36条が「残虐な刑罰」を禁止していることに依拠しています。しかし実は、最高裁は日本の死刑執行方法である「絞首刑」を「残虐な刑罰に当たらず合憲である」とし、それに対して「火あぶり、はりつけ、さらし首、釜ゆで」などは「残虐な執行方法」である旨を明確に述べています。また、別の最高裁判例は、各国が採用している「銃殺、電気殺」などと比較のうえ、絞首刑が「特に人道上残虐であるとする理由は認められない」として合憲判断を示しているのです。ですから、「残虐な刑罰であり、国家による殺人」という主張も的外れといえます。

 また、「冤罪であった場合に取り返しがつかない」もよく言われることです。しかし、冤罪は死刑の場合にだけ問題になるわけではありません。懲役1年でも無期懲役でも、冤罪であれば取り返しがつかないことは同じです。それに、冤罪を一番望んでいないのはご遺族です。冤罪であるということは、真犯人は何食わぬ顔でのうのうと生きていることに他ならないからです。冤罪を防ぐことは、科学捜査の進展と適正な刑事手続きによって実現されるものであり、死刑と結びつけることは論理の飛躍です。

 さらに、「死刑廃止は世界の潮流である」とも言われます。全世界のうち死刑を廃止している国の方が多いのは事実です。しかし、ここで見落とされている最も重要な問題は、死刑を廃止しているヨーロッパ諸国などでは、なんら刑事手続きを経ないで「現場射殺」が当たり前に行われていることです。加害者を逮捕して取り調べを行い、裁判を経てみたら、加害者にも同情すべき点があり、重罪にすべきではない事件もあるかもしれません。そうした手続きを一切行わずに、現場で射殺する方がいいのでしょうか。海外の制度の一側面だけを取り上げて、あたかもそれが優れているといわんばかりの主張は、国民を欺いているに等しいと言えます。

 それから、「死刑には犯罪の抑止力はない」という意見もあります。しかし、我が国には死刑を廃止した場合と実施した場合を比較した調査自体がないのですから、何の根拠もありません。一方で、死刑制度が抑止力になったケースならあります。2018年に新幹線の中で無差別に乗客を襲い、1人を殺害、2人を負傷させた事件の被告人は、「3人殺すと死刑になるので、2人までにしようと思った。1人しか殺せなかったら、あと何人かに重傷を負わせれば無期懲役になると思った」と供述しました。1人でも殺すことは許されませんが、死刑制度によって、それ以上の死者を防げたという側面があるのです。

死刑賛成弁護士犯罪被害者支援弁護士フォーラム

定価:本体880円+税発売日:2020年07月20日


 こちらもおすすめ
発売情報「これは日本の司法に対するテロだ!」ドンデン返しの帝王が“死刑制度”に挑んだ社会派ミステリ『ネメシスの使者』来週の新刊(2017.07.14)
インタビューほか<薬丸岳インタビュー>人の命を奪った交通事故加害者は、二度とやり直すことができないのか?(2020.05.27)