本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
サイゼリヤでバイトする“異色の一つ星シェフ”が、いま絶好調な理由とは? コロナ時代をタフに乗り切る異才に、注目のSF作家・小川哲が迫る

サイゼリヤでバイトする“異色の一つ星シェフ”が、いま絶好調な理由とは? コロナ時代をタフに乗り切る異才に、注目のSF作家・小川哲が迫る

聞き手:別冊文藝春秋

「村山太一×小川哲」別冊文藝春秋LIVE TALK vol.1[ダイジェスト]

出典 : #別冊文藝春秋
ジャンル : #小説

 さあ、出来ました。ラッセのスペシャリテ、ラビオリです。これは、イタリア行って惚れ込んで、三年半働かせてもらってた三つ星レストラン「ダル・ペスカトーレ」で教わったものをアレンジした一皿です。向こうではトルテッリと呼ばれているイタリアの郷土料理で、なかに南瓜の詰め物をするんですが、ラッセでは四種のチーズを入れてお出ししています。ソースは、パルミジャーノチーズと生クリームを煮詰めて作ったもの。もうほんとにシンプルなレシピ。せっかくイタリアのいいお店で働かせてもらったんだから、なるべくそのときの体験を伝えたいなと。さあ、ぜひ熱いうちに召し上がってください。

小川 いただきます。うん、おいしいです。

村山 よかった(笑)。

看板メニュー「チーズのラビオリ」

小川 これをオンライン販売しているんですね。

村山 そうです。ラッセの公式サイトにある「ラッセ・ストア」で注文できます。「ラビオリ(冷凍10個入+チーズソース)約2人前」で一〇〇〇円です。もともとeコマースはいつかやりたいねとスタッフと話していたんですが、今回思いがけず時機がきて、その時サッと動けたのはやっぱり、スタッフそれぞれにフリーな時間を確保していたからなのかなと。いまうちは僕を入れて四人でお店をやっているんですが、僕以外の三人は全員二〇代で、みんなやる気に溢れてる。「その時」を視野に入れて準備していたんでしょう。入店一〇年目になる料理長の渡邊理奈が中心となって、通販用にレシピを改良し、入社五年目の斎藤というフロアマネージャーがeコマースを内製化する仕組みを整えた。BASEとかショッピングサイトと組むと、手数料が高いんですよ。全部自前でやるために、コツコツ勉強してくれていた彼の知識がここで役に立ちました。

 これからは、やっぱりニーズが変わると思うんです。おいしいものは食べたいけど、安心、安全がなにより大事というのがみんなの本音。それなら、商品のほうからお客さまに近寄っていくしかないんです。

別冊文藝春秋からうまれた本

電子書籍
別冊文藝春秋 電子版33号(2020年9月号)
文藝春秋・編

発売日:2020年08月20日

プレゼント
  • 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/30~2022/10/7
    賞品 『いけないⅡ』 道尾秀介・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る