本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
身体に潜んで、絶体絶命のときに我々を導いてくれる『歎異抄』その成立背景と謎に迫る

身体に潜んで、絶体絶命のときに我々を導いてくれる『歎異抄』その成立背景と謎に迫る

釈 徹宗

『歎異抄 救いのことば』(釈 徹宗)

出典 : #文春新書
ジャンル : #ノンフィクション

いくつかの謎を持つ『嘆異抄』

『歎異抄 救いのことば』(釈 徹宗)

『嘆異抄』について、はっきりとわかっていない事柄についてお話ししましょう。まず、ちょっとややこしいのは第十条です。

 現代の第十条の読み方は、冒頭からの、

「念仏には無義をもつて義とす。不可称不可説不可思議のゆゑにと仰せ候ひき。」

 この部分だけが第十条であり、その後に続く、

「そもそも、かの御在生のむかし……いはれなき条々の子細のこと。」

 の部分を「中序」(後半部の序文)としています。

 本願寺出版社の「蓮如本」を底本とした『嘆異抄』も岩波文庫の『嘆異抄』もそのように改行されています。ところが、どの写本を見ても、そのように分かれているとは思えません。

 一番古い写本の「蓮如本」(※1‌6‌1ページ参照)は、

「念仏ニハ無義ヲモツテ義トス 不可称不可説不可思議ノユヘニトオホセサウラヒキ ソモソモカノ御在生ノムカシ……」

 と、そのまま続けて書いてあります。ここで切れているようには読めないので、これ全部で第十条と考えるべきだとの意見もあります。しかし、内容的には確かにここで一旦切れます。この辺り、原典がないため明瞭な結論が出せないのです。

 また、師訓編と異義編が、もともとこの順番だったのかも怪しいという説もあります。先ほど言いましたように、第一条、第二条……と番号が付いているわけではありませんので。

 あるいは、各条の文章の中には、主語と述語が合わないこともあり、これもどう考えればよいのかの論点となっています。

文春新書
歎異抄 救いのことば
釈徹宗

定価:1,122円(税込)発売日:2020年10月20日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る