本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
『藝人春秋』はエネルギーの塊である。

『藝人春秋』はエネルギーの塊である。

文:ダースレイダー (ラッパー)

『藝人春秋2』(水道橋博士)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #随筆・コミックエッセイ

『藝人春秋2』(水道橋博士)

 この後、生放送に向かうビートたけしはアル北郷、〆さばアタル、水道橋博士、ゾマホンを引き連れながらマシンガントークを繰り広げた。何かネタが浮かぶたびに「今のメモしといて」と周りに指示する。1秒毎にネタを生み出している。スタジオに入るとタップダンスを決めながらもトークは終わらない。「本番10秒前です!」と言う声がスタジオに響く。7秒前です! というタイミングでビートたけしはプイッとセットの方を向いて歩き出す。そして本番開始と同時にテレビカメラの前に立っていた。この時の一連の流れも流麗に過ぎて一生忘れない思い出になった。そして、これもまた水道橋博士が踏んだ韻に導かれた体験だったのだ。

 

 博士の不定期開催イベント、「ザ・フランス座」のテーマ曲も作った。先述の「キッズ・リターン」のラップ曲の後半を博士がゲストで呼んだナインティナイン岡村隆史、カージナルスについてのラップに差し替えた。これも博士がトーク用に丹念に集めた資料をもとに作詞してラップにしたものだが、いわば博士が憑依することで容易に用意出来るようになった、二人羽オーリのような曲である。原田専門家作成のビデオも素晴らしく、いつ見ても我ながらグッと来てしまう。

 博士が『藝人春秋2』の単行本出版記念のトークイベントを開催した時には駆けつけた。終演後、楽屋で博士からその日の対談相手を紹介してもらった。それが町山智浩だ。この日初めて会ったことがきっかけで僕のYouTubeチャンネルにも登場して頂き、日米の時差を埋め尽くすほどの情報量で様々な話を聞かせてくれている。博士はカオスをグルーヴさせるために言葉と事象で韻を踏んでいく。そのリズムに導かれて僕は今、『藝人春秋2』の文庫版の解説を書いている。そして、『藝人春秋3』の解説は町山智浩。出版記念イベントの時のトークの時点で物凄かった。007についての詳細な深掘り説明もあるだろう。何よりも博士が対峙することになる「巨悪」の正体。それは2021年の日本社会の状況という文脈によって新たな意味を付与されることになるだろう。今、これを書き終えたところでラジオでは町山智浩の映画解説が流れている……ってどれだけラジオ聴きながら書いてるのだ、僕は!

 博士はこんな展開になることを知っていたのだろうか? いや、博士はただ流れていく世界を言葉で捉えつづけたのだ。『藝人春秋』シリーズを巡る全ての“流れ”は水道橋博士という小さな藝人の大いなる英雄伝だ。ああ、なんて面白いのだろう!

藝人春秋2
ハカセより愛をこめて
水道橋博士

定価:935円(税込)発売日:2021年02月09日

藝人春秋
水道橋博士

定価:792円(税込)発売日:2015年04月10日

藝人春秋3
死ぬのは奴らだ
水道橋博士

定価:935円(税込)発売日:2021年03月09日

ページの先頭へ戻る