作品紹介

澤村伊智「邪教の子」連載スタート『ぼぎわんが、来る』の気鋭がニュータウンを舞台に描く、戦慄のホラーサスペンス

巻頭企画・木村綾子「その本が、その場所にあること――「羽田空港 蔦屋書店」からはじまる挑戦」「『Perch』制作日記」ほか、藤森照信×門井慶喜、森見登美彦×深緑野分による対談など

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
◆連載スタート◆
澤村伊智「邪教の子」                                 
この家はまともな場所ではない。ここは邪教の巣だ。だから私たちは彼女を救い出す。『ぼぎわんが、来る』の気鋭がニュータウンを舞台に描く、戦慄のホラーサスペンス

新連載エッセイ「THE PEOPLE UNDER THE STAIRS」
私は自作の解説を好まない。ではなぜこの文章を書くのか? 
それは、このエッセイもまた小説の趣向の一部だからだ

◆対談◆
藤森照信×門井慶喜「東京対談:江戸をリフォームした男」
近代「東京」の街づくりを志した明治の建築家・辰野金吾とその時代とは? 
〝建築探偵〟ふたりの白熱談義

森見登美彦×深緑野分「空想対談:虚空に城をなす」
小説の根っこには、何がある? 子どもの頃から空想に親しみ、長じて作家になったふたりの創作舞台裏

◆巻頭企画◆
木村綾子                 
(1)その本が、その場所にあること――「羽田空港 蔦屋書店」からはじまる挑戦
本屋さんで過ごす「2時間」を特別なものにしたい。そんな想いで「本屋B&B」の企画担当を七年半。今春から、さらなる挑戦へ。本と人は、もっと掛け算できるはず

(2)『Perch』制作日記                           
「そこでだけ出会える本」として誕生した『Perch』。又吉直樹さんによる全編書き下ろしアンソロジーはいかに生まれ、編まれたのか。怒涛の日々を綴る

◆インタビュー◆
・作家の書き出し Vol.6 取材・構成 瀧井朝世
貴志祐介「人間はみな愚かだ、ということを出発点とする小説を書きたいですね。だからこそ、悲劇も起これば喜劇も起こる」

・著者に訊く


新庄耕『地面師たち』
真下みこと『#柚莉愛とかくれんぼ』

◆連載小説◆
今村翔吾「海を破る者」                               
家宝の刀が突如消えた。犯人として疑われたのは……

真藤順丈 「ものがたりの賊(やから)」
坊っちゃんと伊豆の踊子が東海道で出会った「使者」とは

澤田瞳子 「星落ちて、なお」
父の絵は過去のものなのか。戸惑いの中で見出した希望は

吉川トリコ 「夢で逢えたら 第五話 女の敵だョ! 全員集合(前編)」
テレビから干された真亜子。彼女が犯した〝過ち〟とは?

矢月秀作 「刑事学校 III」
被害者の〝夜の仕事〟が事件の鍵を握っていそうだが……

円居挽 「キングレオの帰還 第四話 性根の曲がった男」 
学生起業家死亡との一報。しかも死の瞬間、傍にいたのは

夢枕獏 「ダライ・ラマの密使」
ああ、おれたちは今、シャンバラにいる! 込み上げる感慨

◆短篇◆
彩瀬まる 「蝶々ふわり」
疲れた心をなぐさめに、青子と茅乃は臘梅園へと向かった

◆エッセイ◆
[ディープインパクト]
崎山蒼志「十歳、食べられなかった私の話」
[Xの余白]
歌田年「紙と模型」

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る