本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
迫力と臨場感をもって「死ぬべきいのち」の急所を描いた

迫力と臨場感をもって「死ぬべきいのち」の急所を描いた

文:郷原 宏 (文芸評論家)

『死命』 (薬丸岳 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #エンタメ・ミステリ

主演にベテラン実力派俳優・吉田鋼太郎さんを迎え、初映像化される『死命』。 郷原 宏さんの文庫解説を再掲します。

『死命』(薬丸岳)

※文庫刊行時(2014年)の記事です。

 野菜や果物に旬があるように、作家にも旬があります。旬とはもちろん、読んでいちばんおもしろい時季のことです。その時季は人によってまちまちですが、おおむねデビューから数年後、作品数では四、五作目から始まることが多いようです。

 旬の作家の作品は、形式とジャンルを問わず、何を読んでもおもしろい。文章に脂が乗っているので、プロットやストーリーに多少の難点があっても、その場の勢いで読ませてしまう。読んだあとで、その疵さえも個性のように感じさせてしまう。それがすなわち旬の作家の特長です。

 旬はどの作家にも公平に訪れるわけではありません。才能と幸運に恵まれた少数の、ごく少数の作家だけを、詩神ミューズの恩寵の如く不意に訪れるのです。また、すべての季節がそうであるように、いつまでもそこに留まっているわけではありません。その時季が十年つづけば一流作家、二十年つづけば大作家、三十年以上つづけば国民作家だといっていいでしょう。

 本書の読者ならよくご存知のように、薬丸岳氏はいま、旬の盛りの作家です。二〇〇五年に『天使のナイフ』で第五十一回江戸川乱歩賞を受賞してデビューした当時から、この人の小説のうまさには定評がありましたが、二〇一一年の『ハードラック』『刑事のまなざし』のころから、その語り口に磨きがかかり、あっという間に一流作家の仲間入りをしました。いったん読み始めたら途中で読みさすことを許さない作家、ページをめくる読者の指を片時も休ませない作家(とその作品)をページターナーといいますが、薬丸氏はいま、日本ミステリー界屈指のページターナーだといっていいと思います。

文春文庫
死命
薬丸岳

定価:858円(税込)発売日:2014年11月07日

プレゼント
  • 『望月の烏』阿部智里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/2/29~2024/3/7
    賞品 『望月の烏』阿部智里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る