書評

迫力と臨場感をもって「死ぬべきいのち」の急所を描いた

文: 郷原 宏 (文芸評論家)

『死命』 (薬丸岳 著)

主演にベテラン実力派俳優・吉田鋼太郎さんを迎え、初映像化される『死命』。 郷原 宏さんの文庫解説を再掲します。

『死命』(薬丸岳)

※文庫刊行時(2014年)の記事です。

 野菜や果物に旬があるように、作家にも旬があります。旬とはもちろん、読んでいちばんおもしろい時季のことです。その時季は人によってまちまちですが、おおむねデビューから数年後、作品数では四、五作目から始まることが多いようです。

 旬の作家の作品は、形式とジャンルを問わず、何を読んでもおもしろい。文章に脂が乗っているので、プロットやストーリーに多少の難点があっても、その場の勢いで読ませてしまう。読んだあとで、その疵さえも個性のように感じさせてしまう。それがすなわち旬の作家の特長です。

 旬はどの作家にも公平に訪れるわけではありません。才能と幸運に恵まれた少数の、ごく少数の作家だけを、詩神ミューズの恩寵の如く不意に訪れるのです。また、すべての季節がそうであるように、いつまでもそこに留まっているわけではありません。その時季が十年つづけば一流作家、二十年つづけば大作家、三十年以上つづけば国民作家だといっていいでしょう。

 本書の読者ならよくご存知のように、薬丸岳氏はいま、旬の盛りの作家です。二〇〇五年に『天使のナイフ』で第五十一回江戸川乱歩賞を受賞してデビューした当時から、この人の小説のうまさには定評がありましたが、二〇一一年の『ハードラック』『刑事のまなざし』のころから、その語り口に磨きがかかり、あっという間に一流作家の仲間入りをしました。いったん読み始めたら途中で読みさすことを許さない作家、ページをめくる読者の指を片時も休ませない作家(とその作品)をページターナーといいますが、薬丸氏はいま、日本ミステリー界屈指のページターナーだといっていいと思います。

死命薬丸 岳

定価:本体780円+税発売日:2014年11月07日


 こちらもおすすめ
インタビューほか吉田鋼太郎の刑事役に原作者・薬丸岳が撮影現場で太鼓判! 傑作サスペンスが、豪華キャストで遂に映像化(2019.05.14)
書評死刑を恐れない殺人犯との対決(2012.06.05)
書評日本のリーガル・サスペンスの 新しい里程標(2013.11.20)
書評柄刀一の復活を告げる 華麗なる不可能犯罪(2014.10.31)
書評本格ミステリ界の極北――“神様”が囁く真実が引き起こす、甘い中毒(2014.09.02)
インタビューほか「悪」か否かは被害者が決める(2011.01.20)