書評

時代小説だから描けた〈男と女の始末記〉あさのあつこが紡ぐ珠玉の作品集

文: 大矢 博子 (書評家)

『もう一枝あれかし』 (あさのあつこ 著)

 では、もうひとつのポイント、描きたい人物とは何か。

 表題作「もう一枝あれかし」には、菊、桔梗、竜胆(りんどう)などいろいろな花が登場する。ここでの花は〈散るもの〉の象徴だ。あさのあつこは、散る花に、散り急ぐ男たちを重ねて描いた。始末をつける男と、残される女だ。「もう一枝あれかし」にこんなセリフがある。

 男はなぜこうも散り急ぐのか。

 日出子と同じ呟きを紋十郎の位牌前で繰り返す。

 旦那さま、あなたに生きる手立てはございませんでしたか。散るより他に手段はございませんでしたか。

 男にとって「始末をつける」とは、この時代、命を賭けると同義だ。本書の物語は、「女、ふたり」だけは性別が逆転するが、他はどれも命を賭して始末をつける男を描いている。と同時に、その男にとって大事な女を描いている。

 男が命を賭けて始末をつける、というのは自らの筋を通すことだ。その面だけ見ればとても潔い。だが、遺される者にとってはどうだろう。それは男の自己完結に過ぎない、とも言える。勝手に完結され、勝手に散り急がれた。自分は遺ってしまった。ではどうするか。そこがこの〈始末記〉の真のテーマではないだろうか。仇を討とうとする女、騙す女、騙されてやる女、祈る女――そして、生き続ける女。そんな男と女もまた、時代小説でしか描けないものだろう。本書は〈男の始末〉に翻弄されながらも自分の道を見据える〈女の始末記〉でもあるのだ。

 表題作では、先ほどの引用のあと、物語の展開にもう一押しある。先ほど、「もう一枝あれかし」の花は〈散るもの〉の象徴と書いたが、ここでもうひとつ意味が浮かび上がる。

 花は春になればまた芽を出し、葉を茂らせ、命をつないでゆく。花は、季節は、再生の象徴でもあるのだ。

 四季の彩りが溢れる情景と、散り急ぐ男たち。そのそばにいる女たち。

『もう一枝あれかし』は、あさのあつこが、時代小説でなくては描けない、そんな情景と男女をしなやかに紡いだ、珠玉の作品集なのである。

もう一枝あれかし
あさのあつこ・著

定価:本体550円+税 発売日:2016年03月10日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
インタビューほか男と女の時代小説(2013.09.03)
書評『火群のごとく』解説(2013.08.06)
インタビューほか生まれ故郷を舞台に“青春”を描く(2016.02.08)
インタビューほか少年たちの「活劇」を時代小説で描きたい(2011.04.20)