別冊文藝春秋

『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み

文: 知念 実希人

電子版18号

 彩夏は再び含み笑いを漏らすと、岳士の下半身に伸ばしている手に軽く力を入れて、ジーンズ越しにそれを掴む。痛みと快感が同時に走り、岳士は逃げるように体を引いた。その隙に、上半身を起こした彩夏は空いた手で岳士の胸を押す。抵抗することもできず、岳士は逆にベッドに押し倒された。

「大丈夫よ、逃げたりしないから。というか、もう逃がしてあげない」

 おどけるように言うと、彩夏は片手で岳士のTシャツを首元までまくり上げ、露わになった乳首を舐めた。熱く濡れた感覚に、岳士は歯を食いしばる。

「さっきのお返し」

 舌を這わせたまま、くぐもった声でつぶやいた彩夏は、再びジーンズ越しに熱く硬直した部分をこすりはじめる。岳士はただされるがままに、未知の快感に翻弄され続けることしかできなかった。

 厚い生地を通して伝わってくる感触がなんとももどかしく、岳士は尻をもぞもぞと動かす。妖しく口角を上げた彩夏は、岳士の胸からへそに向かってゆっくりと舌を移動させていくと、ベルトに手をかけた。

 カチャカチャという金属音が部屋の空気を揺らす。首だけ起こした岳士は、ベルトを外した彩夏がジーンズのファスナーをつまんで下ろしていくのを、息をすることも忘れて眺めていた。

 彩夏は添い寝をするように岳士の隣に横たわると、指で岳士の下腹部を歩くようにゆっくりと下ろしていった。やがて、その手はボクサーブリーフの中へと侵入していき、燃え上がりそうなほどに熱く怒張した塊に触れた。生地越しに触れられたときとは比べ物にならない、温かく柔らかい感触に包み込まれる。

「気持ちいい?」

 彩夏は手を上下に動かす。目を閉じ、奥歯を軋ませながら、岳士は体を弓なりに反らすことしかできなかった。彩夏が手の動きを加速させていく。

 目の奥で火花が散った気がした。全身の筋肉が収縮し、心臓の拍動に合わせて、熱い塊が彩夏の手の中で何度も跳ねる。

 気を抜けば失神してしまいそうな快楽に翻弄されながら、岳士は息を止める。やがて、官能の波が引いていき、脱力感が襲い掛かってきた。岳士はベッドに四肢を投げ出すと、必死に酸素をむさぼる。息が整ってきて重い瞼を上げると、彩夏が顔を覗き込んでいた。

「すごかったね。そんなに気持ちよかったの?」

 興奮がおさまるにつれ、羞恥心が胸を満たしていく。彩夏の顔をまともに見ることができなかった。

「そんなに落ち込まないでよ。可愛かったわよ」

 彩夏は岳士の頬に唇を当てる。しかし、惨めな気持ちは消えるどころか大きくなっていく。

「大丈夫だよ。まだはじまったばかりなんだからさ」

 彩夏はそう囁くと、ベッドの上を移動し、脱力している岳士の両足の間へと入り込んだ。

「サファイヤが効いているから、すぐに回復するよ」

「え? 何を……?」

 彩夏は答えることなくボクサーブリーフに手をかけ、無造作にずり下げた。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版18号文藝春秋・編

発売日:2018年02月20日


 こちらもおすすめ
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2018.02.01)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2017.12.07)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2017.09.20)
別冊文藝春秋片腕を“乗っ取られた”少年のせつなき逃亡劇(2016.12.20)