書評

僕とミステリ書店〈TRICK+TRAP〉と女探偵・葉村晶の不思議な関係

文: 戸川安宣 (編集者)

『錆びた滑車』(若竹七海 著)

『錆びた滑車』(若竹七海 著)

 ただし、店名を記した鉄のドアはいつも閉ざされていて、入るのに些(いささ)か勇気が必要でした。通りに面した窓にはシャーロック・ホームズのシルエットと店名を描いた看板が掲げられていたのですが、目線をかなり上げないと、それは目に入らなかったのです。

 店番を始めてみると、週末ということもあってそれなりのお客さんがあったのですが、これが平日となると、来店者は二、三人、という日も少なくありませんでした。

 これはまず、お店の存在を認知してもらわなくては、と思い、オーナーが作ったホームページにブログを書くようにいたしました。知り合いの作家の方を呼んでサイン本を作ってもらい、ブログに誰々さんのサイン本あります、と告知を載せてみたのです。

 すると効果覿面(てきめん)。いつもの倍のお客さんがいらっしゃるようになりました。それなら思い切ってサイン会をしてみようか、というので親しい作家さんにお願いし、ホームページにその旨告知を出すと、大勢のファンの方が来店してくださいました。といった具合で、店の売り上げも徐々に上向いてきたのですが……。好事魔多し。ぶじ出産を終え、しばらくして復帰してきたオーナーに二人目のお子さんが宿り、二〇〇六年の秋には、今度はぼくが不注意で自宅の塀から落ち、翌年初めにかけて三度も入院手術を受ける仕儀になり……といった具合で、二〇〇七年二月に迎えるマンション契約の更新時に、オーナーと相談をして店を閉めることにしたのです。


 こちらもおすすめ
特集葉村晶語録──人生の箴言に満ちた皮肉なつぶやき(2018.08.22)
特集【週刊文春ミステリーベストテン 2018年国内部門第6位!】ミステリ古書店のバイト店員にしてクールでタフな女探偵──葉村晶のこれまで(2018.12.07)
インタビューほか強運の女探偵──女探偵・葉村晶シリーズ(2018.08.21)
書評四十肩すら魅力的な女探偵。葉村晶は唯一無二、圧倒的なヒロインなのである。(2016.08.24)
書評長いお別れのあとに(2014.12.01)
錆びた滑車若竹七海

定価:本体800円+税発売日:2018年08月03日