別冊文藝春秋

『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み

文: 知念 実希人

電子版21号

「俺もな、昨日釈放されたカズマからこの話を聞いて、ちょっと気になったことがあったんだよ。お前、やけに錬金術師のこと知りたがっていたよな。今日も、錬金術師と取引だって言うと、簡単にやってきやがった。お前さ、スパイだろ。錬金術師の正体をサツにチクって、サファイヤの流通ルートを潰すつもりだったんだろ?」

 完全にバレている。絶望が心を黒く染めていく。

「なんとか言えよ。おい」

 ヒロキが顔を近づけてくる。

『もう誤魔化しようがない。岳士、分かっているな』

「……分かってる」

 岳士は小声で答える。やるしかない。

「分かってる? 何が分かってるっていうんだよ?」

 聞き返してきたヒロキの顔面に、岳士は拳を打ち込んだ。倒れたままのパンチだったためそれほどの威力はないが、不意を突かれて鼻っ柱を殴られたヒロキは、バランスを崩してカズマの足元に倒れこむ。その隙になんとか立ち上がった岳士は、素早くファイティングポーズをとった。

 両拳を胸の高さまで上げながら、岳士は自らの身体と会話をする。最初に食らった膝蹴りのダメージはかなり回復してきている。その後に蹴りを浴びたときは、体を丸くして急所を守っていた。全身が痛いが戦うことに大きな問題はない。

「最初に会ったとき以来だな」

 口角を上げたカズマは、半身に構えて軽くステップを踏みはじめた。

 岳士は上体を左右に振りながら、飛び込むタイミングを計る。相手は蹴りが主体の空手使いだ。一気に間合いを潰して、有利な距離に持ち込んでやる。

 いまだ! 岳士が地面を蹴ろうとした瞬間、背後から伸びてきた四本の手が両腕に絡みついた。

「なっ!?」

 振り返ると、扉の前にいたはずのヒロキの取り巻き二人が、腕を掴んでいた。

「クラブでやられたお返しだよ」

 男の一人が笑い声をあげると同時に、カズマが懐に飛び込んできた。岳士は右のショートアッパーで迎撃しようとする。しかし、男に掴まれている状態では、素早いパンチが繰り出せるはずもなかった。

 カズマは悠々と振りかぶると、岳士のあごを掌底で跳ね上げる。脳が揺らされ、足から力が抜けた。岳士はその場で膝から崩れ落ちる。

「……卑怯だ」

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版21号文藝春秋・編

発売日:2018年08月20日


 こちらもおすすめ
ニュース喜多喜久さん、本誌初登場! 『別冊文藝春秋 電子版21号』 ただいま好評発売中(2018.08.24)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2018.07.26)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2018.06.07)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2018.03.29)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2018.02.01)
別冊文藝春秋『レフトハンド・ブラザーフッド』知念実希人――立ち読み(2017.12.07)
別冊文藝春秋片腕を“乗っ取られた”少年のせつなき逃亡劇(2016.12.20)