本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
祝!『容疑者Xの献身』電子書籍化。今さら言えないけど、ガリレオシリーズが「さっぱりわからない」というあなたへ

祝!『容疑者Xの献身』電子書籍化。今さら言えないけど、ガリレオシリーズが「さっぱりわからない」というあなたへ


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

論理の短編と情念の長編

 ガリレオシリーズ史上、ある意味事件と呼べる出来事がおきたのが2008年。なんと短編と長編の2冊が同時刊行されました。 

 論理の短編と呼ばれた『ガリレオの苦悩』は、文字通り<湯川学>の苦悩が描かれ、彼の人間性を窺える作品も多く、またファンのために書き下ろし短編が1本加わった贅沢な一冊になっています。

 一方、女性の登場人物が印象的な、情念の長編『聖女の救済』。男が自宅で毒殺されたとき、離婚を切り出されていたその妻には鉄壁のアリバイがありました。そして、湯川が推理した真相は「虚数解」──。

 主人公の真柴綾音は、のちにテレビドラマでは天海祐希さんが好演。マイ・ベスト・ガリレオに寄せられた感想には「シリーズ一番の強敵」と評する方もいらっしゃいました。

『ガリレオの苦悩』(2008年10月刊)

<マイ・ベスト・ガリレオに寄せられた感想>
●湯川の研究に対する信念が描かれている所が好きです。(20代・女性)
●答えが提示されるまでトリックを見抜けませんでした。(20代・男性)


『聖女の救済』(2008年10月刊)

<マイ・ベスト・ガリレオに寄せられた感想>
●特に女性の感情の機微がとても繊細に描かれている。(20代・男性)
●とにかく有り得ないトリックに度肝を抜かれた。(30代・男性)

【次ページ 子ども嫌いだったはずの湯川が……】

電子書籍
容疑者Xの献身
東野圭吾

発売日:2020年04月24日

単行本
沈黙のパレード
東野圭吾

定価:1,870円(税込)発売日:2018年10月11日

文春文庫
禁断の魔術
東野圭吾

定価:748円(税込)発売日:2015年06月10日

文春文庫
虚像の道化師
東野圭吾

定価:858円(税込)発売日:2015年03月10日

文春文庫
真夏の方程式
東野圭吾

定価:858円(税込)発売日:2013年05月10日

文春文庫
聖女の救済
東野圭吾

定価:792円(税込)発売日:2012年04月10日

文春文庫
ガリレオの苦悩
東野圭吾

定価:792円(税込)発売日:2011年10月07日

文春文庫
容疑者Xの献身
東野圭吾

定価:803円(税込)発売日:2008年08月05日

文春文庫
予知夢
東野圭吾

定価:704円(税込)発売日:2003年08月01日

文春文庫
探偵ガリレオ
東野圭吾

定価:759円(税込)発売日:2002年02月08日

プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る