特集

今さら言えないけど、ガリレオシリーズが「さっぱりわからない」というあなたへ

『沈黙のパレード』が<週刊文春ミステリーベスト10>2018年国内部門 第1位を獲得!

難読タイトル続出、すべて読めますか

 2012年に発売された『虚像の道化師』はガリレオシリーズ王道の短編集ですが、難読タイトルが話題になりました。「幻惑す」「心聴る」「偽装う」「演技る」……。

 文庫化にあたり、この2カ月後に発売になった『禁断の魔術』から「透視す」「曲球る」「念波る」が加わり7篇で再編集されました。

 さて皆さん、タイトルをいくつ読めましたか?

『虚像の道化師』(2012年8月刊)

<マイ・ベスト・ガリレオに寄せられた感想>
●日常に善意と悪意と殺意が入り乱れている描写に同意もできるし、脅威を感じた。(50代・女性)
●湯川がカッコいい。最後のひとことで心が温まる。(10代・男性)

書評
「ガリレオ最新刊は2冊分のボリューム──シリーズの変遷が垣間見える短篇集」千街 晶之 (ミステリ評論家)


『禁断の魔術』(2012年10月刊)
単行本刊行時に「猛射つ」として収録されていた作品を、大幅加筆改稿し、新たな長編として文庫化されたという異色の作品です。愛弟子の企てに気づいたとき、湯川がとった驚愕の行動に感動したファンも多かった。

<マイ・ベスト・ガリレオに寄せられた感想>
●師弟愛と科学に携わる者の矜持に感動した。(20代・男性)

書評
「改稿によって立体的に見えてきた──東野圭吾「ガリレオ」シリーズの特色」千街 晶之 (ミステリ評論家)

インタビュー
短編小説を長編に大改稿──ついに誕生した最高の「ガリレオ」

書評
「担当編集者が語るガリレオ短編の最高峰」別宮 ユリア※単行本刊行時の内容です

【次ページ <週刊文春ミステリーベスト10>2018年国内部門 第1位『沈黙のパレード』】

沈黙のパレード東野圭吾

定価:本体1,700円+税発売日:2018年10月11日

禁断の魔術東野圭吾

定価:本体660円+税発売日:2015年06月10日

虚像の道化師東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2015年03月10日

真夏の方程式東野圭吾

定価:本体760円+税発売日:2013年05月10日

聖女の救済東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2012年04月10日

ガリレオの苦悩東野圭吾

定価:本体670円+税発売日:2011年10月07日

容疑者Xの献身東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2008年08月05日

予知夢東野圭吾

定価:本体620円+税発売日:2003年08月01日

探偵ガリレオ東野圭吾

定価:本体660円+税発売日:2002年02月08日


 こちらもおすすめ
ニュース【結果発表!】ガリレオ誕生20周年&『沈黙のパレード』刊行記念キャンペーン「マイ・ベスト・ガリレオ」第1位はあの作品!(2018.11.19)
インタビューほか短編小説を長編に大改稿──ついに誕生した最高の「ガリレオ」(2015.06.10)
書評ガリレオ最新刊は2冊分のボリューム──シリーズの変遷が垣間見える短篇集(2015.03.24)
書評担当編集者が語るガリレオ短編の最高峰(2012.10.12)
書評改稿によって立体的に見えてきた──東野圭吾「ガリレオ」シリーズの特色(2015.06.11)
インタビューほか東野圭吾インタビュー 正統派ミステリーとしては僕の最高傑作です(2005.08.20)
インタビューほか映画「真夏の方程式」のプロデューサーに聞いた「活字の力、映像の魅力」(2013.06.05)
書評シリーズ初の全作書き下ろし(2012.10.29)
書評かつてない復讐劇──中江有里が6年ぶりのガリレオシリーズを読む 中江有里が『沈黙のパレード』(東野圭吾 著)を読む(2018.11.22)