本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
性の基本は女、オスは「寄生虫」

性の基本は女、オスは「寄生虫」

橘 玲

『女と男 なぜわかりあえないのか』(橘 玲)

出典 : #文春新書
ジャンル : #ノンフィクション

『女と男 なぜわかりあえないのか』(橘 玲)

『女と男』というタイトルに「あざとい」というお叱りがあることはわかっているが、これにはふたつの理由がある。

 ひとつは、「性の基本は女である」こと。受精卵を男の子にするのはY染色体のなかのSRY遺伝子(Y染色体性決定領域遺伝子)という微細なDNAで、受胎後5週目ごろから活動をはじめ、性腺を精巣につくり変える。6週目ごろには精巣からテストステロンなどの男性ホルモンが分泌され、未分化の性器結節からペニスが発達し、尿道ヒダが癒着して陰嚢になる。

 では逆に、なにが受精卵を女の子にするのだろうか。そのこたえは「放っておけばいい」だ。

 Y染色体を持っていても、SRY遺伝子が機能しないか、テストステロンの受容体が欠落している(AIS/アンドロゲン不応症候群)と、胎児は女性として成長する。外性器(ヴァギナ)も正常な女性と同じなので本人も親も気づかないが、思春期になっても初潮がないため、調べると子宮も卵巣もないことが判明する。

女と男 なぜわかりあえないのか
橘玲

定価:880円(税込)発売日:2020年06月19日

ページの先頭へ戻る