インタビューほか

福島トリオは同級生ではなかった! おでん屋は本当にあった!? 朝ドラ「エール」を振り返る

聞き手: 文春新書編集部

モデルとなった「古関裕而」の評伝の筆者・辻田真佐憲氏が解説

『古関裕而の昭和史』(辻田 真佐憲)

――昭和音楽界の大物と言えばRADWIMPSの野田洋次郎さんが演じる裕一の友人である木枯正人です。木枯のモデルは古賀政男ですね。

辻田 古賀政男は、古関と並ぶ日本屈指のヒットメーカーです。「酒は涙か溜息か」「東京ラプソディ」などの楽曲は「古賀メロディー」の愛称で親しまれました。没後、国民栄誉賞も授与されています。

 ドラマでは2人が、同じく売れない時代を過ごすなど親しくあったように描かれていますが、実際のところ古関はあまり古賀について証言を残していません。今回、評伝を執筆するために福島にある古関裕而記念館を訪ね、保管されている未刊行資料などを調査することができました。その中に、編集者やライターに語った他の音楽家への評価を語ったインタビュー資料が残されていました。それを読むと古関が憧れたクラシック音楽の作曲家への言及はあるのですが、流行歌の担い手への言及がとても少なかったのが印象に残っています。

古関裕而生誕の地(2019年5月、著者撮影)

――それでは、2人の密接な関係は創作なのでしょうか。

辻田 そうとも言い切れません。古賀は古関との関係を自伝で言及していますから、そのあたりをドラマでは膨らましているのかもしれません。

古関裕而の昭和史辻田真佐憲

定価:本体950円+税発売日:2020年03月19日


 こちらもおすすめ
インタビューほか連続テレビ小説「エール」のモデルになった古関裕而、その80年の生涯とは(2020.03.30)
インタビューほか「知ってるつもり」の昭和史を、学びなおせるブックガイド(2020.06.05)
インタビューほか近代日本の枠組みを考える――「皇国史観」とは何か(2020.04.30)
インタビューほか令和時代だからこそ書けた「昭和史小説」 昭和天皇の苦悩は日本の苦悩である(2019.12.26)
書評令和初となる「終戦の日」に、小説『昭和天皇の声』を通じて歴史を振り返る。(2019.08.13)