インタビューほか

福島トリオは同級生ではなかった! おでん屋は本当にあった!? 朝ドラ「エール」を振り返る

聞き手: 文春新書編集部

モデルとなった「古関裕而」の評伝の筆者・辻田真佐憲氏が解説

『古関裕而の昭和史』(辻田 真佐憲)

――再現度ということでは、今回、昭和初期に活躍した音楽関係者をモデルとした登場人物が多く登場しています。なんといっても話題になったのは、先日、急逝された志村けんさんが演じる小山田耕三です。

辻田 小山田のモデルは山田耕筰ですね。誰もが知っている童謡「赤とんぼ」から交響曲まであらゆるジャンルの音楽を生んだ近代日本の音楽界の巨人です。志村さんのオーラといいますか、演技力と相まって「大御所」としての姿が良く出ていると思いました。

 山田耕筰は女性関係が奔放だったようで、当時の雑誌に女性スキャンダルが掲載されています。それを読んだ古関裕而は、尊敬する山田の下半身事情に対する怒りを、当時交際中だった金子へのラブレターに綴っています。女性関係も含めて、志村さんがぴったりの役どころだったのかもしれませんね(笑)。最後まで、小山田役を見ることができないのはとても残念です。

 ドラマ内では、小山田が若手の古山を認めつつも、その才能を恐れて芽を摘もうとしているように描かれていました。小山田が古山を強く意識しているように見えます。しかし、残された古関のインタビューを見ていると、山田よりもむしろ古関の方が山田を敬愛し、乗り越えようと必死になっていたように感じます。

古関裕而が描かれた福島市内の看板(2019年5月、著者撮影)
古関裕而の昭和史辻田真佐憲

定価:本体950円+税発売日:2020年03月19日


 こちらもおすすめ
インタビューほか連続テレビ小説「エール」のモデルになった古関裕而、その80年の生涯とは(2020.03.30)
インタビューほか「知ってるつもり」の昭和史を、学びなおせるブックガイド(2020.06.05)
インタビューほか近代日本の枠組みを考える――「皇国史観」とは何か(2020.04.30)
インタビューほか令和時代だからこそ書けた「昭和史小説」 昭和天皇の苦悩は日本の苦悩である(2019.12.26)
書評令和初となる「終戦の日」に、小説『昭和天皇の声』を通じて歴史を振り返る。(2019.08.13)