本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
なぜ湯川はインスタントコーヒーを偏愛するのか? ガリレオシリーズとインスタントコーヒーの特別な関係

なぜ湯川はインスタントコーヒーを偏愛するのか? ガリレオシリーズとインスタントコーヒーの特別な関係


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

 「さてと、コーヒーでも飲むかい?」
 「俺は結構。どうせインスタントなんだろ」
 「インスタントコーヒーを馬鹿にしてもらっては困るね」湯川は、相変わらずあまり奇麗に洗っているとは思えないマグカップに、安物のコーヒー粉を入れ始めた。「製法について、うんざりするほど多くの試行錯誤がなされている。あまり知られていないことだが、最初に商品化されたインスタントコーヒーは、日本人が開発したものだ。この時にはドラム乾燥法という方法が使われた。まあ、早い話がコーヒー抽出液を単純に乾燥させただけだ。その後マクスウェル社が噴霧乾燥法を開発して、インスタントコーヒーの味は格段に向上し、消費も伸びた。さらに七〇年代に入って真空冷凍乾燥法が登場し、現在の主流となっている。どうだい、一口にインスタントコーヒーといっても、なかなか奥が深いだろう?」

 実にすらすらと淀みなく、インスタントコーヒーの歴史を語る湯川。それでも草薙は、「そうはいっても、インスタントはちょっとね」と食い下がるのだが、湯川はこう真意を明かす。

「どんなものでも、簡単には作れないということをいいたいのさ。アルミのマスクでも、インスタントコーヒーでも同じことだ」湯川はマグカップに湯を注ぎ、スプーンでかき回した後、立ったままでコーヒーの匂いをかぐ格好をした。「いい香りだ。科学文明の匂いがする」

 科学文明の匂いがする――これこそが湯川がインスタントコーヒーを愛する理由ではないだろうか。このセリフは、インスタントコーヒーに対する湯川の考えを表すものとして、ファンの間でも非常に有名だ。

 ところが、『聖女の救済』では、研究室に「あるもの」が導入され、読者に衝撃を与えた。研究室を訪れた内海薫と湯川のやりとり。

 「すまないが、流し台の横にあるコーヒーメーカーのスイッチを入れてくれないか。水とコーヒーは、すでにセットしてある」背中の主が言った。
 流し台は、入ってすぐ右側にあった。たしかにコーヒーメーカーが置いてある。まだ新しいようだ。薫がスイッチを入れると、間もなく蒸気の発生する音が聞こえた。
 「インスタントコーヒーがお好きだと聞いていたのですが」薫はいった。
 「バドミントンの大会で優勝したら、賞品としてコーヒーメーカーをくれた。せっかくだからと思って使ってみたら、なかなか便利だ。おまけに一杯当たりの単価も安い」

 賞品とはいえ、なんとコーヒーメーカーを使い始めたのだ。湯川はあれほどこだわったインスタントコーヒーをあっさりと捨て、ドリップ式に走ったのか? その理由は、さらなる経済合理性の追求なのか? だがその後の、

 「もっと早くに使っていればよかった、という感じですか」
 「いや、それはないな。そいつには大きな欠点がある」
 「何ですか」
 「インスタントコーヒーの味を出せないことだ」

 という会話で、やはり湯川のインスタントコーヒー愛が並大抵のものではないことがうかがえる(なお、『聖女の救済』は一杯のコーヒーから事件が始まるのだが、この会話の後、湯川は内海薫から事件のあらましを聞く)。

 そして後日、別の事件(「操縦る」『ガリレオの苦悩』第二章)で内海薫が湯川の研究室を訪れた際には、

 「お気に入りのコーヒーメーカーはどうしたんですか」
 「独り暮らしの学生に進呈した。僕はやっぱりこっちがいい」

 とあり、結局は愛飲するインスタントコーヒーに戻した顛末がわかる。

 シリーズでは唯一、『真夏の方程式』にはインスタントコーヒーの文字が出てこない。この作品は、湯川が出張で訪れた海辺の町が舞台であり、研究室から遠く離れているためだ。インスタントコーヒーは、あくまで湯川の研究室で飲まれるもの、ということだろうか。

 湯川は、研究室の来客にインスタントコーヒーを振る舞おうとする。客が急いでいたりすると、あっさりと断られたりもするのだが(草薙も何度か断っている)、愛するインスタントコーヒーを勧めるのは、来客を一応は歓迎しているという意思表示かもしれない。特に草薙が訪れたときには、湯川はほとんど必ずインスタントコーヒーをいれている。逆に内海薫が初めて研究室を訪れた際は、湯川は内海をまだ信用していなかったためか、インスタントコーヒーを振る舞うシーンは描かれていない(「落下る」『ガリレオの苦悩』第一章)。そして内海薫はその後湯川の信頼を得たことで、めでたく(?)インスタントコーヒーにありつくことになる。

 最新長編『透明な螺旋』にも最新文庫『沈黙のパレード』にも、湯川と草薙、湯川と内海薫の間で、インスタントコーヒーをめぐるちょっとしたやりとりがあるので、ぜひ探してみてほしい。インスタントコーヒーはガリレオシリーズを通して、湯川のキャラクターを強く特徴づけ、定番のやりとりとして読者に強い印象を残している。インスタントコーヒーという切り口でシリーズを読み返してみるのもまた、面白いかもしれない。

【告知】

 今回「湯川ブレンド」を作り上げたのは、著者の東野圭吾さん。ご自身の嗜好から豆をチョイス、「酸味がない味が好み」という東野さんがテイスティングしたブレンドです。ラベルに、ガリレオのシンボルである赤いバラがあしらわれたインスタントコーヒーを、愛読者の皆さんに、湯川とともに、楽しんでいただけたら幸いです。また、開催中のキャンペーン「#ガリレオ10ファンアート」では、湯川と草薙、湯川と内海薫がインスタントコーヒーをたしなむ場面も含め、“ガリレオ愛”あふれる投稿をぜひお待ちしています

単行本
透明な螺旋
東野圭吾

定価:1,815円(税込)発売日:2021年09月03日

文春文庫
沈黙のパレード
東野圭吾

定価:891円(税込)発売日:2021年09月01日

文春文庫
禁断の魔術
東野圭吾

定価:748円(税込)発売日:2015年06月10日

文春文庫
虚像の道化師
東野圭吾

定価:858円(税込)発売日:2015年03月10日

文春文庫
真夏の方程式
東野圭吾

定価:858円(税込)発売日:2013年05月10日

文春文庫
聖女の救済
東野圭吾

定価:792円(税込)発売日:2012年04月10日

文春文庫
ガリレオの苦悩
東野圭吾

定価:792円(税込)発売日:2011年10月07日

文春文庫
容疑者Xの献身
東野圭吾

定価:770円(税込)発売日:2008年08月05日

文春文庫
予知夢
東野圭吾

定価:704円(税込)発売日:2003年08月01日

文春文庫
探偵ガリレオ
東野圭吾

定価:759円(税込)発売日:2002年02月08日

ページの先頭へ戻る