本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「質問は答えより大事です。」キリスト教を通して人生の真実に迫る

「質問は答えより大事です。」キリスト教を通して人生の真実に迫る

橋爪 大三郎

『いまさら聞けないキリスト教のおバカ質問』(橋爪 大三郎)

出典 : #文春新書
ジャンル : #趣味・実用

本書の出番だ

 そこで、本書の出番だ。

 この本には、あんまり基本的で、たぶん教会では聞けない「おバカ」な質問を集めました。答え(考え方)も、いちおう書いてあるけど、質問してみることのほうが大事。

 「おバカ」とは、とっても基本的で、大事で、勇気ある質問のこと。なにをいまさら、と思われがちなので、敬意をこめて、「おバカ」と呼びました。「おバカ」な質問ができるのは、立派なことです。

 いちおう、キリスト教をめぐる質問になってます。

 けれども、教会に行かない、キリスト教なんか関係ないや、と思っている人びとに、実は読んでもらいたい。

 人間は誰でも、人生を過ごすうちに、答えのない大事な問題にぶつかる。そんなとき、おろおろしないで、自分の考えで前に進みたい、と思う。(ですよね?)その道案内になるのが、「おバカ」質問だと思うのです。

信仰は終点ではなく、出発点

 日本では、信仰は、思考停止だと思っているひとがいる。

 そうではない。キリスト教の信仰は、神さまと、終わりのない対話を続けることです。答えを教えてもらって終わり、ではない。質問を続けるのです。信仰は終点ではなく、出発点なんです。

 キリスト教では、どんな質問をしても、神さまは怒らない。アブラハムは、神さまと論争をした。預言者モーセは、神さまと論争をした。義人のヨブも、神さまと論争をした。だから、安心して質問しましょう。

 なるほど、キリスト教ではそう考えるのか、と思ってもらえれば嬉しい。

 なにかの参考になるかもしれない。

 ついでに、じゃあ教会にでも行ってみるか、と思うひとがいるかもしれない。(もしかして。)この本を書いた甲斐があったというものです。


(「はじめに」より)

文春新書
いまさら聞けないキリスト教のおバカ質問
橋爪大三郎

定価:880円(税込)発売日:2022年04月20日

電子書籍
いまさら聞けないキリスト教のおバカ質問
橋爪大三郎

発売日:2022年04月20日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る