本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
佐伯泰英による累計280万部超の大人気時代小説、最新刊発売!『風に訊け 空也十番勝負(七)』ほか

佐伯泰英による累計280万部超の大人気時代小説、最新刊発売!『風に訊け 空也十番勝負(七)』ほか

【文春文庫 5月のラインナップ】

ついに西国をはなれ、長州へ。もうひとりの武者修行者現る!

『風に訊け 空也十番勝負(七)』(佐伯泰英)

坂崎磐根の嫡子、空也の物語再始動!

九州を離れ、空也が向かったのは長州藩萩城下。修行を続ける中、お家騒動にまきこまれるが――。

新たなライバルも登場する七番勝負。

くわしく見る


文春文庫 5月のラインナップ

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    風に訊け
    著者名
    佐伯泰英
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    舞台は長州藩萩城下。武者修行は続く
    九州を離れ、空也が向かったのは長州藩萩城下。修行を続ける中、お家騒動にまきこまれるが――。新たなライバルも登場する七番勝負。
  • タイトル
    傑作はまだ
    著者名
    瀬尾まいこ
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    本屋大賞受賞作「バトン」と対になる家族の物語
    引きこもり作家のもとに、突然今まで会ったことのない息子が現れた。血の繋がりしかない二人の同居生活は……。あたたかな家族小説。
  • タイトル
    夢見る帝国図書館
    著者名
    中島京子
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    図書館を愛した人々と、図書館に愛された人々の物語
    偶然出会ったわたしに、喜和子さんは「上野の図書館が主人公の小説を書いて」と頼むのだが……。ユーモアと愛しさあふれる歴史物語。
  • タイトル
    小隊
    著者名
    砂川文次
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    ロシア軍が北海道に上陸! 元自衛官が書く現代戦のリアル
    迫りくるロシア軍。若き小隊長の視点から戦場の恐るべき現実を描く表題作など、元自衛官の新芥川賞作家が克明に描く戦争小説3篇。
  • タイトル
    死亡告示
    著者名
    ジェフリー・ディーヴァー
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    リンカーン・ライム、死す――!?
    名手の8年ぶり短編集。Ⅱ巻も常にないオカルト風作品、まさかのライムの「死亡告示」と盛り沢山の6編が読者の予想を裏切ります!
  • タイトル
    おまえの罪を自白しろ
    著者名
    真保裕一
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    代議士の孫の誘拐。犯人の要求は「罪の自白」
    衆議院議員の宇田清治郎の孫娘が誘拐された。犯人の要求は「記者会見で罪を自白しろ」。犯人の動機とは一体? 誘拐サスペンス。
  • タイトル
    出世商人(五)
    著者名
    千野隆司
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    出世商人シリーズ、堂々の完結
    白砂糖の振り売りが何者かに殺害された。巷では白砂糖の値も下がっており抜け荷が行われているらしい。文吉は調べを始めるが……。
  • タイトル
    朱に交われば
    著者名
    坂井希久子
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    “江戸のカラーコーディネーター”が難問に挑む
    昨年の発売後忽ち増刷がかかった文庫オリジナル新シリーズ、待望の第2弾! お彩の活躍、そして右近の隠された素顔も明らかに……。
  • タイトル
    まよなかの青空
    著者名
    谷瑞恵
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    後ろ向きな人生に射す、ほのかな光
    東京タワーで働くひかる、ブラック企業の営業マン達郎。過去から踏み出せない二人は、数少ない大切な思い出の中の人物を探し始める。
  • タイトル
    禿鷹の夜
    著者名
    逢坂剛
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    傑作の誉れ高い〈禿鷹シリーズ〉が新装版で再登場!
    痛快無比! 信じるものは拳とカネ。史上最悪の刑事・禿富鷹秋――通称ハゲタカが、恋人を奪った南米マフィアの殺し屋を追い詰める。
  • タイトル
    百歳までにしたいこと
    著者名
    曽野綾子
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    老年を迎えて初めてわかる人生の味わい
    2021年に90歳を迎えた曽野綾子さん。老年を生きる心構えを説き、「人生百年時代」の道しるべになってくれる傑作エッセイ集。
  • タイトル
    アメリカ紀行
    著者名
    千葉雅也
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    気鋭の哲学者によるアメリカ見聞記
    トランプ以後のアメリカの地で、哲学者・千葉雅也は何を考えたのか。『勉強の哲学』に続く、半年の思考の軌跡と新たな哲学の萌芽。
  • タイトル
    歳月がくれるもの
    著者名
    田辺聖子
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    「やらかい気持ち」が幸福を連れてくる! 傑作エッセイ
    独身、それは楽しい。結婚、それも楽しい。達人・田辺聖子の宝石のような言葉で「人間の可愛げ」を見つめ幸福を感じる25編。
  • タイトル
    生まれた時からアルデンテ
    著者名
    平野紗季子
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    ありふれていない食の楽しさを叫ぶ
    すべての幸福は食から始まる。世界一のレストランからロイヤルホストの観察記まで愛と希望と欲に満ちたミレニアル世代の食エッセイ。
  • タイトル
    そして、ぼくは旅に出た。
    著者名
    大竹英洋
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    爽やかな読後感を与えてくれる「梅棹忠夫・山と探検文学賞」受賞作
    はじまりは夢に現れたオオカミだった――写真家を目指す若者が単身渡米、水上の旅へ。多くの共感を呼んだ傑作ノンフィクション!
  • タイトル
    わたしたちの登る丘
    著者名
    アマンダ・ゴーマン
    発売日
    2022/05/10
    作品紹介
    美しき桂冠詩人の力強いことばを再び
    バイデン大統領就任式で朗読され、世界中に力を与えた再生と癒しの詩。雑誌掲載で大きな話題を呼んだ名訳が特別企画を追加し文庫化!
プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る