インタビューほか

東野圭吾インタビュー 正統派ミステリーとしては僕の最高傑作です

「本の話」編集部

『容疑者Xの献身』 (東野圭吾 著)

『容疑者Xの献身』 (東野圭吾 著)

──もともと予定されていたとばかり思っていました。『シラノ――』にもいるじゃないですか、そういう役回りの男が。彼がいるといないとでは、全然違いますよね。

東野 大違いなんですよ。ただ計算してではなく、急に弁当屋に入ってきて、あっと靖子が驚く。誰だろう、何で知ってるんだろう? 昔の客だ、って。

──今回の長篇では、草薙が湯川にヒントをもらって事件を解決する短篇の『探偵ガリレオ』と違って、草薙と石神、二人に対する友情の狭間に湯川が立たされます。今までの作品の湯川は、非常にクールで、流されないイメージでしたけど、今回はものすごく苦悩します。人間的な湯川の一面が描かれていますよね。

東野 湯川がいないと、実は草薙は真相にまったく到達できないんですよ。湯川がいなかったら、石神を疑うことすらない。普通、探偵役は謎を解く立場なんだけど、今回の探偵役の湯川は、解くための材料に自分がなってるんですよね。

──昔の石神を知っているからこそ、こういうところでこういう行動はとらないのではないかという疑いを持つ。それがなかったら、たぶん彼の犯罪は崩れなかった。

東野 そうなんですよ。ネタバレになってしまうので詳しくは話せないのですが。

【次ページ】「献身」という言葉の持つ意味とは?

容疑者Xの献身東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2008年08月05日


 こちらもおすすめ
ニュース東野圭吾「ガリレオ」シリーズの最高傑作は? 白熱のアンケートを一部紹介! (2018.10.11)
書評かつてない復讐劇──中江有里が6年ぶりのガリレオシリーズを読む 中江有里が『沈黙のパレード』(東野圭吾 著)を読む(2018.11.22)
インタビューほか短編小説を長編に大改稿──ついに誕生した最高の「ガリレオ」(2015.06.10)
書評ガリレオ最新刊は2冊分のボリューム──シリーズの変遷が垣間見える短篇集(2015.03.24)
書評改稿によって立体的に見えてきた──東野圭吾「ガリレオ」シリーズの特色(2015.06.11)
インタビューほか映画「真夏の方程式」のプロデューサーに聞いた「活字の力、映像の魅力」(2013.06.05)