インタビューほか

東野圭吾インタビュー 正統派ミステリーとしては僕の最高傑作です

「本の話」編集部

『容疑者Xの献身』 (東野圭吾 著)

『容疑者Xの献身』 (東野圭吾 著)

「献身」という言葉の持つ意味とは?

──花岡靖子というヒロイン像が非常によかったです。靖子は三十代後半ぐらいで、中学生の娘が一人いる、母子家庭という設定です。靖子のために石神は、非常に大きな犠牲を払うわけですが、彼にしてみたらその事実が愛する女性に伝わらなくてもよかったんですよね(笑)。切ないですねえ。うかがっていると、タイトルの「献身」という言葉は、これしかなかったなと思います。最後のほうで靖子が、一点の曇りもないのは石神だと心の中で言う場面がありますが、本当に曇りがないんですよね、石神には。

東野 そうなんですよね。 僕はミステリー作家と呼ばれて、これまで結構いろんなタイプの作品を書いてきています。中には『秘密』のように、ミステリーと定義するのが微妙な作品もありますが、一つの事件を扱った、正統派ミステリーの中では、自分の最高傑作じゃないかなと思っていますね。久しぶりに本当にミステリーらしいミステリーを書いたという気がします。こんなにうまくいくとは思わなかったです、自分でも、ほんとに。

──担当編集者も見事に騙されました(笑)。

東野 そうですね。連載していた雑誌の担当者からも毎回メールで感想をいただいていたんですが、すっかり騙されているなあと(笑)。

容疑者Xの献身東野圭吾

定価:本体700円+税発売日:2008年08月05日


 こちらもおすすめ
ニュース東野圭吾「ガリレオ」シリーズの最高傑作は? 白熱のアンケートを一部紹介! (2018.10.11)
書評かつてない復讐劇──中江有里が6年ぶりのガリレオシリーズを読む 中江有里が『沈黙のパレード』(東野圭吾 著)を読む(2018.11.22)
インタビューほか短編小説を長編に大改稿──ついに誕生した最高の「ガリレオ」(2015.06.10)
書評ガリレオ最新刊は2冊分のボリューム──シリーズの変遷が垣間見える短篇集(2015.03.24)
書評改稿によって立体的に見えてきた──東野圭吾「ガリレオ」シリーズの特色(2015.06.11)
インタビューほか映画「真夏の方程式」のプロデューサーに聞いた「活字の力、映像の魅力」(2013.06.05)