別冊文藝春秋

『空を拓く』門井慶喜――立ち読み

文: 門井 慶喜

電子版21号

「私の見た感じでは、少なくとも、百年以上は掘られたものです。なるほどドイツで有名なわけです。いくらで買ったんです」

「ああ、えー……何を?」

「この銀山。四鉱区を」

「……二十五万円」

 技手は気の毒そうな顔になり、

「売っても、二千円にしかならないでしょう。ペルーの連中はみな知ってます」

「ありがとう」

 技手をいったん去らせると、是清はただちに田島を呼んで、かくかくしかじかと述べてから、

「あの報告は、いったい何だったのだ。ほんとうに現地調査したのかね」

 田島はすっかり青ざめて、

「いまから行きます」

 きびすを返し、駆けだそうとした。是清はその背中をつかんで振り向かせ、

「正直に言え」

「申し訳ありません」

 田島は、しがらみを除かれた急流のように突然ことばを奔出させた。

「じつは行ったことがありません。いや、行くことは行ったのですが、まさかこんな大きな話とは思いもよらず、ついつい近くの鉱山学校へ立ち寄ったきりにしてしまいました。その学校にはスペイン語の雑誌が置いてあったので、英語で読んで聞かせてもらって、それを翻訳して……」

「報告書に仕立てて、東京へ送った?」

「申し訳ありません」

「それでいて、独断で契約を交わしたわけだ」

 何がまじめな性格だろう。是清はふかぶかとため息をついたが、しかし行動は迅速だった。ヘーレン氏のもとへ行き、

「契約は破棄する。それにともなう補償については、これを契約書に明記したものにかぎり全うする」

 と通告し、実際そのとおりにした。ヘーレン氏は驚愕した。彼こそ或る意味、この事件の最大の被害者なのだが、是清は、ぐずぐず良心の呵責など感じているひまはない。東京へかえり、株主たちに説明して、さっさと事業を清算した。

 会社はもちろん、大赤字。

 投資は一円も回収されず、株主たちは丸損である。それでも彼らが是清をうったえることをしなかったのは、是清自身、ほかの誰より金をつぎこんでいたせいもあったけれども、何よりも、現地での迅速な契約破棄により、後顧の憂いを断ったからだった。まさしく死中の活だった。株主たちは怪我はしたが、後遺症はなかったのである。

別冊文藝春秋からうまれた本

別冊文藝春秋 電子版21号文藝春秋・編

発売日:2018年08月20日


 こちらもおすすめ
ニュース喜多喜久さん、本誌初登場! 『別冊文藝春秋 電子版21号』 ただいま好評発売中(2018.08.24)
別冊文藝春秋『空を拓く』門井慶喜――立ち読み(2018.07.05)
別冊文藝春秋『空を拓く』門井慶喜――立ち読み(2018.04.26)
別冊文藝春秋『空を拓く』門井慶喜――立ち読み(2018.02.19)
別冊文藝春秋『空を拓く』門井慶喜――立ち読み(2018.01.11)
別冊文藝春秋『空を拓く』門井慶喜――立ち読み(2017.10.19)
書評肩の力を抜いて楽しめる、美術と歴史のワンダーランド(2017.08.17)