本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
〈本が売れない時代〉の作家デビュー──『#電書ハック』配信記念#2

〈本が売れない時代〉の作家デビュー──『#電書ハック』配信記念#2

電子書籍の現在と未来を語る、IT系作家と現役電子書店員座談会


ジャンル : #小説

電子書籍を若い人に読んでもらう秘策とは

佐藤 もう一つ、柳井さんにご質問したいのですが、電子書籍は今の出版界の根本的な課題である、本を読む人を増やすということに貢献できるとお考えでしょうか?

『#電書ハック』の著者・柳井政和氏

柳井 いまの30代、40代以上は、もともと紙の本を読んでいた人たちしか電子書籍を読まないと思います。そういう意味では紙の本のシェアを電子が奪っているだけかもしれません。
一方で、紙の本から離脱した人たちを呼び戻すきっかけになる可能性があって、紙の本では目が疲れてしかたないという50代、60代の人たちには、文字を大きくできる電子書籍は圧倒的なメリットです。
若い人たちに関しては、もともとスマホで文字を読む人たちだから、スマホや電子書籍端末で文字を読むことには抵抗がないと思います。ただ、彼らは無料のものに慣れているので、そういう人たちを有料の方に持ってくるという部分の難しさはあると思います。これまでとは違う課金の仕方が必要なのか、あるいは有料で読む文化を何とかして根付かせるのか。
それよりももっと若い、今の小学生とか幼稚園・保育園世代を電子書籍に取り込むのは、さらに難しいと思います。その世代の子たちは、YouTubeは見ているんですよね。端末自体は使っているけど、それで本を読むという文化にはなってない。YouTubeのようなものから有料の文字ものへの橋渡しが必要になってくると思います。
ユーチューバーとかVチューバーみたいな人たちから、有料の紙の本を読ませるように誘導する。もともと若い人たちが興味を持ってるところから導線を引かないとダメでしょうね。

加藤 うちの息子はいま11歳なんですが、3、4年前に「これ読めよ」ってタブレットを渡しました。それでマンガはタブレットで読み始めたんですが、あとから本を買ってあげたら見開きになっているからすごく読みやすいと驚いている(笑)。タブレットだと戻るのが面倒臭かったというからどういうことかと思ったら、見開きぶち抜きで描いてあるコマは自分の中で絵を組み上げてたんですね。


cakesで好評連載中(毎週土曜日更新)

https://cakes.mu/series/4184


『#電書ハック』の購入は以下の電子書籍サイトから
【honto】
https://honto.jp/ebook/pd-series_B-MBJ-20012-121979037-001-001.html
【Reader Store】
https://ebookstore.sony.jp/item/LT000106481000849110/?cs=pickup_novel

電子書籍
#電書ハック
柳井政和

発売日:2018年11月09日

プレゼント
  • 『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/4/19~2024/4/26
    賞品 新書『グローバルサウスの逆襲』池上彰・佐藤優 著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る