特集

電気も水道もない山奥で暮らす老夫婦が、テレビクルーを大いに焦らせた出来事

文: 佐々木聰

『ふたりの桃源郷』

『ふたりの桃源郷』(佐々木聰 著)

 温かな夫婦愛とまっすぐな生き方が涙と感動を呼んだドキュメンタリー映画『ふたりの桃源郷』。その舞台裏も明かした書籍版から、テレビの生放送でのエピソードを紹介。


 寅夫じいちゃんとフサコばあちゃんは、電気も水道も通っていない山奥でひっそりと暮らしていた。僕たちはそんな夫婦の山暮らしと支える家族の姿を足かけ29年にわたって記録し、折に触れテレビで放送を続ける傍ら、ドキュメンタリー映画も製作した。

「電気も水道もない山奥に住む老夫婦」と聞くと、たいそうな《変わり者》と思う方も多いかもしれない。実際、僕たちのテレビ取材も「変わった夫婦がいる」という噂を聞いてスタートしている。でも実際はそうではなかった。

ふたりの桃源郷佐々木 聰

定価:本体1,500円+税発売日:2019年10月09日


 こちらもおすすめ
インタビューほか島の住民は92歳のイオさんと88歳のソメ子さんただ2人――老婆たちの冒険(2019.05.17)
ニュース70代でひとり暮らし歴40年以上! でも、毎日たのしい! 中野翠さん『いくつになっても』発売!(2019.06.14)
書評愛するということは、自分の可能性が開いていく人に巡りあうこと(2018.12.03)
書評陰々滅々たる過疎地風。なのになぜ、福井の人はやたらと明るいのか(2018.07.30)