本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
冬休みの読書ガイドに! 2019年の傑作ミステリーはこれだ! <編集者座談会>

冬休みの読書ガイドに! 2019年の傑作ミステリーはこれだ! <編集者座談会>

「オール讀物」編集部

文春きってのミステリー通編集者が2019年の傑作をおすすめします。


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

ルメートル入門にうってつけ!

ピエール・ルメートル『わが母なるロージー』(文春文庫)

司会 8位にはやはり文春の本、ピエール・ルメートル『わが母なるロージー』(文春文庫)が入りました。

 『その女アレックス』(文春文庫)に始まるヴェルーヴェン警部の3部作の番外編として書かれた中編で、時系列的には『その女アレックス』と『傷だらけのカミーユ』(文春文庫)の間に位置する作品です。ただ、構造としてはシンプルで、パリで爆弾事件が起きるんですね。で、テロではないかとパニック状態になっているところに、「爆弾をしかけたのは僕です」と警察に出頭してきた男がいた。そして、自分の望みが叶わなければ、あと6個仕掛けた爆弾を爆発させますよというわけです。そこでおなじみのヴェルーヴェン警部が取り調べを担当して、彼の真意を引き出そうとする。いわば心理戦をともなう尋問小説です。最後は例によってルメートルらしい「そういうことか!」とビックリ仰天するラストシーンが展開します。一種の美しさを感じさせる結末であり、どんでん返しへのこだわりもあり、やっぱりルメートルの作品だなあと感じます。おすすめポイントとしては、3部作に比べればグロい描写がないこと。なので、これからルメートルを読んでみたいという方は、本書から入るのがいいかもしれません。

 番外編ということだったけど、『わが母なるロージー』から入っても大丈夫なの?

 もう全然大丈夫です! 主人公の部下で、イケメンでお金持ちで性格もいい富豪刑事ルイという「こち亀」の中川みたいなヤツがいるんですけど(笑)、彼が大活躍するし、主人公の上司で巨体のル・グエン部長も出てきます。人気のある主要キャラが全員登場するうえに、ユーモラスで読みやすい。中編ですし、3部作を読もうと思いつつ手をつけかねている人には、強烈におすすめします。

【予告される叙述トリック】

電子書籍
週刊文春ミステリーベスト10 2019
週刊文春ミステリーベスト10班

発売日:2019年12月12日

単行本
いけない
道尾秀介

定価:1,650円(税込)発売日:2019年07月10日

単行本
Iの悲劇
米澤穂信

定価:1,650円(税込)発売日:2019年09月26日

単行本
イヴリン嬢は七回殺される
スチュアート・タートン 三角和代

定価:2,200円(税込)発売日:2019年08月09日

文春文庫
わが母なるロージー
ピエール・ルメートル 橘明美

定価:770円(税込)発売日:2019年09月03日

単行本
雷鈞 稲村文吾

定価:1,980円(税込)発売日:2019年07月24日

単行本
カッティング・エッジ
ジェフリー・ディーヴァー 池田真紀子

定価:2,750円(税込)発売日:2019年10月10日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る