本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「なんだそりゃ、と思いますよ」MLBに挑戦する日本人プロ野球選手にイチローが抱く手厳しい“疑問”

「なんだそりゃ、と思いますよ」MLBに挑戦する日本人プロ野球選手にイチローが抱く手厳しい“疑問”

小西 慶三

『イチロー実録 2001-2019』より #2

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #ノンフィクション

「どのコースにきても簡単にはならない。そんなピッチャーなんて、そうそういませんよ」。リベラのカットボールは鋭く、重い。特に左打者に効果的なその難球を、ここぞ、という場面で打ち砕いた。「(この1本は)なかなか忘れないでしょう。だから、できるだけゆっくり(ベースを)回ろうと……。もったいないじゃん」。球史に輝く抑え投手と、9年連続200安打とシーズン最多安打記録更新を果たしたヒット王の対戦。担当記者としても、忘れられない1本になった。

 10月4日の公式戦最終戦の試合後は、自然発生的にマリナーズ選手全員が本拠地球場内を一周した。一団の中心には肩車されたグリフィーとイチロー。

 

「単純に気持ちのいいチームだった。野球場にきて野球に集中できる。『すごく良くなった』というよりは『正常になった』とするのが正しいのかも。価値観を共有できていることが嬉しかった。そんなことはもう無理だと思っていたから」

 2人のスーパースターを取り巻く雰囲気が、2009年マリナーズを象徴していた。

実際にはアメリカに屈している

 出場146試合にもかかわらず、225安打は2位デレク・ジーター(ヤンキース)に13本差をつけての両リーグ1位だった。リーグ首位打者争いではジョー・マウアー(ツインズ)に及ばずとも自己2位の3割5分2厘。ゴールドグラブ賞は9年連続、そしてシルバースラッガー賞、リーグ最多敬遠ともに3度目。西地区3位でプレーオフには進めなかったが、イチローとチームがともに翌年以降への手応えをつかんだシーズンに思えた。

 約1年前、WBC監督問題について熱く語ったことを思い出させる言葉もあった。それは世界最高リーグで競い合うための気概にも聞こえた。

 2009年10月21日、イチロー36度目の誕生日前夜。岩手・花巻東高の菊池雄星が、卒業後そのままメジャーを目指すかどうかが話題になっている。そんな振りに語気を強めた。

「WBCで勝ち、日本人がこちらでたくさんプレーするようになって、『もうメジャーに追いついた』とか、『アメリカに学ぶものはない』なんて空気がある一方で、外国人枠があったり、アマチュアの選手が日本の外に出ないようにする動きがある。それって、実際にはアメリカに屈しているんですよ」

単行本
イチロー実録 2001-2019
小西慶三

定価:1,540円(税込)発売日:2021年10月12日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る