本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「なんだそりゃ、と思いますよ」MLBに挑戦する日本人プロ野球選手にイチローが抱く手厳しい“疑問”

「なんだそりゃ、と思いますよ」MLBに挑戦する日本人プロ野球選手にイチローが抱く手厳しい“疑問”

小西 慶三

『イチロー実録 2001-2019』より #2

出典 : #文春オンライン
ジャンル : #ノンフィクション

なぜWBC連覇にイチローのような“劇薬”が欠かせなかったのか

 高校ナンバーワン左腕を米球界にみすみす手渡すようなことになれば、プロ野球の空洞化につながりかねない……。当時報じられていた日本球界関係者の危惧と、イチローがWBC連覇後に感じていた日本国内の驕りにも似た空気。その相反する事象に疑問を投げかけた。

「いまメジャーでプレーしている日本人、プロ野球でトップだった人がほとんどでしょう? そんな彼らがここで1年を過ごした後、『充実していた』なんて言っている。これが『情けない』とか『悔しい』なら、日本もちょっとは近づいたかなって思うかもしれませんが、実際はそうじゃない。なんだそりゃ、と思いますよ」

 誰よりもヒットを打っているから、首位打者タイトルや200安打は簡単になっていく。そんな安易な発想に反発したのと同じように、日本代表のWBC連続優勝に浮かれた空気に抵抗していた。ヒットを打つことに関して、シーズン単位という中期での最高点をたたき出し、長期では連続年間200安打記録を塗り替えた。守備、走塁を含めて日本人野球選手で誰よりも結果を残した彼が、世界と日本の差を悔しがっている。なぜイチローのような“劇薬”がWBC連覇に欠かせなかったのかが、分かった気がした。

【前編を読む】「野球の厳しさを教えないと」2009年のWBC日韓戦でイチローが“普通はやらない”プレーを行った理由

単行本
イチロー実録 2001-2019
小西慶三

定価:1,540円(税込)発売日:2021年10月12日

プレゼント
  • 『踏切の幽霊』高野和明・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/11/25~2022/12/02
    賞品 『踏切の幽霊』高野和明・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る